フレグランスをつけてみたくても、選ぶのは意外と難しい! 日常のなかで好きなシーンや好きな匂いを手がかりに、自分好みの香りの系統を知れば、フレグランスがグッと身近な存在に。

香水 フレグランス 選び方

生活のなかで惹かれる香りを
フレグランスのタイプに変換!

私好みの香りの見つけ方

「お茶の香りにほっと和む」なら…グルマンノート(お茶)

1990年初頭に“お茶”をモチーフにした香りが登場し、一大トレンドに。お茶という日常に慣れ親しんだものの精神性をフレグランスで表現する流れは以降も続き、緑茶に白茶、ベルガモットのニュアンスをもつ中国茶・ラプサンスーチョンなど次々と登場し、いずれも人気に。温かいお茶を飲んでほっとひと息つくような、リフレッシュできる香り。

ヴァレンティノ ドンナ
ボーン イン ローマ
グリーンストラヴァガンザ
オードパルファン

なんとなくの香水選びから卒業! 「こんな香りが好き」から見つけるフレグランスガイド_2

50ml ¥18150/ヴァレンティノ ビューティ

ローマの涼しげな庭園でのハイティーへと誘うかのような、スモーキーなラプサンスーチョンのティーアコード。そこにジャスミンとリッチなバニラが奏でる魅惑的な香りのシンフォニー。

「お菓子の甘い香りが大好き」なら…グルマンノート(スイーツ)

食べ物や飲み物の香りという幼い頃の思い出に浸れる、美味しそうな香り=グルマンノートは2000年以降、ヒット香水の最前線。バニラやキャラメル、蜂蜜や砂糖菓子といったスイーツを思わせる甘くかぐわしい香りにキュン!

ローラ メルシエ
オードパルファム
バニラ

なんとなくの香水選びから卒業! 「こんな香りが好き」から見つけるフレグランスガイド_3

50ml ¥12870/ローラ メルシエ ジャパン

ローラ・メルシエが幼少期を過ごしたフランスの夏の思い出がイメージ。数種類のバニラアロマを組み合わせた、ふんわり甘やかな香り。美味しいスイーツをほおばるような幸せ気分に。

「清々しいハーブに癒やされる」なら…ハーバルノート

ラベンダーやゼラニウム、バジルなど草や葉の青っぽさをもつハーブの香り。スーッとした清々しさで心を解き放ち、疲れた心をリバイブ。ナチュラルでシンプルなライフスタイルを好む人へ。

クロエ
アトリエ デ フルール
オードパルファム ヒソップ

なんとなくの香水選びから卒業! 「こんな香りが好き」から見つけるフレグランスガイド_4

50ml ¥20790/ブルーベル・ジャパン

南仏で初夏に見かける穂のような形の花、ヒソップ。ミントに似た爽やかな香りは古代、浄化の儀式に使われてきた。シトラスやローズウォーターと組み合わせ、ピュアで爽やかな香りに。

「柑橘系の弾ける香りが好き」なら…シトラスノート

レモンやマンダリンオレンジ、ベルガモット、グレープフルーツ、ライム、ユズ……。酸っぱい柑橘果物がスカッと爽快に弾ける香り。比較的、短時間で香りが飛びやすく軽やかに香るので、強い香りが苦手な人や高温多湿な日本の夏につけるのにおすすめ。

サンリット クレメンタイン&ベチバー
オードトワレ

なんとなくの香水選びから卒業! 「こんな香りが好き」から見つけるフレグランスガイド_5

100ml ¥15400/モルトンブラウンジャパン

強い甘味とほどよい酸味をもつクレメンタインをメインにライムやマンダリンといった柑橘果物とサンダルウッドやモスを対比させ、爽やか一辺倒ではない、大人のシトラスノートに。

MAQUIA 7月号
撮影/Kevin Chan スタイリスト/山本瑶奈 イラスト/yojibee  取材・文/平 輝乃 企画・構成/横山由佳(MAQUIA)
※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。

MAQUIA書影

MAQUIA2024年7月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。マキア9月号の大特集は「私にぴったり美容」早わかり!。通常版の表紙は小嶋陽菜さん、増刊(特別版)の表紙はSUPER EIGHTさんです。

ネット書店での購入

share