リップモンスターの次のバズりコスメと聞いたので、全色コンプ。
特徴はなんといっても、「5分寝かした後の」その色もちのよさ
ただし思ったより色移りしやすいので“コツ”がいります。その点も合わせてご紹介。

キャンメイク ジューシーリップティント

キャンメイク ジューシーリップティント 全3色 660円(込)


全色コンプといっても、1つ660円なので1980円(込)。これでもドラコス・バラコスのリップ1本分のお値段ですね。恐るべし。


全て限定で3色展開。

キャンメイクジューシーリップティント色味

[01]アンティークローズ 深みのあるモーヴローズ
[02]シナモンアップル 落ち着きのあるベージュレッド
[03]オレンジブリュレ ひと塗りでおしゃれ顔、オレンジブラウン


3色ともに超濃厚発色。
デパコス含め、ティントグロスはいくつか持っていますが、ぶっちぎりの高発色です。
普通のリキッドルージュと比べても、これほどの高発色はなかなかないと思う。


ティントタイプなので、定着後はティッシュオフしてもカラーが残ります。
特徴的なのは、その残り方がティントにありがちな蛍光ピンクではなく、元々の色味であること

ティッシュオフ後の発色の比較

結構強めにオフしても、カラーはもちろんツヤもうっすら残ってくれます。
他のティントタイプのグロスと比べても、発色、色もち、ともに優秀。

アイテム別色もちのよさの比較

某韓国コスメもお気に入りですが、発色は断然キャンメイクが上、色もちは同等レベルといったところ。
(某デパコスは、ティッシュオフで蛍光ピンクの色味が残ってますが、これがティントタイプの通常運転かと思います。)
注意すべきは、クレンジングしても落ちにくいこと。目元&口元専用クレンジングでしっかり落とす必要があります。
(私の場合、ちゃんと落とせてないと、テキメン荒れる。)


また、カップやマスクへの色移りの少ない某韓国コスメに比べると、かなり色移りする方。


色移りさせず、かつ質感や発色を長持ちさせるには、
✔塗ってすぐ、軽くティッシュオフ
✔そのまま、“んぱっ”をせず放置(ブランド推奨は5分)


放置している間に、液の中からオイルが表面に溢れ出し、「ツヤ膜」を形成。
なので、放置した後にティッシュオフすると、せっかくの「ツヤ膜」がとれて、このリップのよさが半減しちゃいます。


各色、【塗ってそのままの状態】→【ティッシュオフした状態】

[01]アンティークローズ

3色の中で唯一青みの感じられるカラー。ですが、くすみのあるローズなので、イエベの私でも浮きません。


このカラーでティッシュオフし、飲食などした後の状態を「かわいい、そのリップ」と褒められました。
若干複雑でしたが、ほどよくマットになってこなれ感が出たのでしょう。
それぐらい色が残ってくれるリップです。

[02]シナモンアップル

王道のベージュレッド。
ティッシュオフして落ち着かせると、「迷ったらとりあえずこれ」というくらい使いやすいカラーに。

[03]オレンジブリュレ

個人的には、このオレンジブラウンが一番好きです。
ティッシュオフすると、本当にオシャレなカラーに。
マスクで半日外出して帰宅した後もきっちり可愛い。


繰り返しますが、1本660円。
このご時世、百貨店まで行かなくても、このクオリティのリップがこの値段で手に入るのは本当に嬉しいですね。


限定ですので、気になる方はお早めに!

MAQUIA エキスパート

ギ☆

14年目/乾燥肌

エイジングケア&ネイル命

得意な美容ジャンルは、エイジングケア・ネイル。メイクもスキンケアも、「自分に合うものを見極めて、楽しむ気持ちも忘れずに」がモットーの主婦兼ライター。

share