ちょっとマニアックなオトナ美容をご紹介する連載企画「#ギ☆のマニアック美容道」。今回は、「リップクリーム」を取り上げます。マスク生活と冬の乾燥の二重苦で、荒れが加速してしまった方に是非おすすめしたいアイテムたちを深掘りレポート!

ALL1500円以下のプチプラリップクリーム

ギ☆

トップブロガー

ギ☆

今年48歳になるマキア公式ブロガー歴13年目のベテランブロガー。主婦ときどきライター。初めて美顔器を買ったのは高校生のときという筋金入りの美容マニア。コスメとコスメの写真を撮るのが好き。プチプラからハイブランドまで幅広くレポートします。

[目次]



種類豊富なリップケアアイテム

テクスチャーはクリーム(固形・半固形)、バーム、オイル、形状もスティック、ジャー、チューブなど様々なタイプがあるリップケアアイテム。
今回は最もデイリーケアに取り入れやすいスティックタイプのリップクリーム5点を、私の独断と偏見により以下の4項目で徹底比較。


①保湿力 ……唇の潤いを保つ効果
②修復力 ……唇の荒れを修復してくれる効果
③荒れ予防力 ……リップメイクによる唇の荒れを予防してくれる効果
④メイク下地効果 ……リップメイクとの相性
※「①保湿力」は、私個人の主観に加え、スキンチェッカーの水分量の数値も参考にしました
※「③荒れ予防力」は、荒れやすい口紅と併用したときの予防効果を見ました


ちなみに、効果・効能によって「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」に分類できますが、今回はアベンヌのみ「医薬部外品」、他は「化粧品」。いずれも税込み1500円以下のプチプラコスメです!


※価格は全て税込み表示です

リップクリーム5選

1000円以下で買えるプチプラリップクリーム

ヴェレダ リップクリーム 990円

ヴェレダ リップクリーム

美容成分など
ホホバ種子油(オーガニック成分)、ミツロウ、シア脂(オーガニック成分)、キャンデリラロウ、ダマスクバラ花ロウ、カルナウバロウ、香料(天然精油由来)
合成保存料、着色料、合成香料、鉱物油不使用。


オーガニックコスメの代名詞のヴァレダだけあって、オーガニック成分始め、天然由来成分メイン。


使用感・美容効果
ローズとバニラのふんわりと優しい香り。かなり固いテクスチャーですが、軽やかな付け心地。ベタつきも少なく、メイクの質感への影響が最も少ないのはこれ。(各々2度塗りした上に、マットリップを重ねて比較しました。)

ヴェレダ リップクリームの使用感

保湿力△/修復力〇/荒れ予防△/メイク下地◎


海外オーガニックコスメならではの、気分の上がるオシャレパケ。荒れ予防の効果はそれほど高くありませんでしたが、メイク前に使うと、リップメイクの密着度を上げて、モチをよくしてくれるのが魅力。唇荒れに対しても、マメに塗ることでしっかり修復することができました。

1500円以下で買えるプチプラリップクリーム

ユリアージュ モイストリップ 1089円

ユリアージュ モイストリップ

美容成分など
4種の保湿成分、シア脂、ルリジサ種子油、ヒアルロン酸Na、ビーズワックス(ミツロウ)の他、ビタミンE、グリチルレチン酸ステアリルなど配合。
パラベン、着色料無添加。パッチテスト、アレルギーテスト済み。


使用感・美容効果
無香料タイプもありますが、こちらはバニラ。同じバニラでもローズの入ったヴェレダより、甘さの感じられる香りです。
するする塗れる適度な硬さで、艶やかな付け心地。

ユリアージュ モイストリップの使用感

保湿力〇/修復力〇/荒れ予防◎/メイク下地〇
荒れ予防効果が最も高く、また数回塗っただけでガサつきも解消できました。
全てに関して平均点以上、バランスのとれた優秀リップクリームです。

アベンヌ 薬用リップケア モイスト 1155円

アベンヌ 薬用リップケア モイスト

美容成分など
有効成分:酢酸DL-α-トコフェロール、グリチルレチン酸ステアリル
その他の成分:植物性スクワラン、ヒマシ油、ミツロウ、シア脂、流動パラフィン、カルナウバロウ、硬化ヒマシ油、常水
無香料/無着色/アルコール(エタノール)フリー/防腐剤フリー/アレルギーテスト・パッチテスト済み、ノンコメドジェニック


敏感な唇に負担をかけないよう、10種の成分に絞ったそう。


使用感・美容効果
”うるおいラップ”とありますが、まさにしっかりとした保護膜を作るような使用感で、重めのテクスチャー。

アベンヌ 薬用リップケア モイストの使用感

保湿力〇/修復力◎/荒れ予防△/メイク下地△
唯一の医薬部外品。”うるおいラップ”状態を長時間キープでき、皮むけバリバリの状態もいち早く修復できました。
ただ重めのテクスチャーなので、口紅がやや上滑りする感じが。メイク前は、軽めに塗るか、一度ティッシュオフした方がよさそう。

ビオデルマ アトデルム リップスティック 1320円

ビオデルマ アトデルム リップスティック

美容成分など
シアバター(保湿成分)、ビタミンA誘導体(パルミチン酸レチノール)、ビタミンE(トコフェロール)。
無着色 / エチルアルコール無添加 / パラベン無添加
パッチテスト済み(全ての方に皮膚刺激が発生しないということではありません。)


使用感・美容効果
ラズベリーの甘い香り。滑らかな塗り心地は、ユリアージュと似ています。

ビオデルマ アトデルム リップスティックの使用感

保湿力◎/修復力〇/荒れ予防○/メイク下地○
最も高い水分量を維持できたのがこれ。手持ちのスキンチェッカーで、塗って数時間後の平均水分量は50%でした。何もつけない状態だと20%台のこともあるので、かなり高い数値。(普通肌の基準は35%以上)
ガサつきの修復力や荒れの予防効果も申し分なく、本気で保湿したい人には、まずこれをおすすめしたい。
看板商品の敏感肌の人でも安心して使えるクレンジング水「サンシビオ」は、世界で1秒に一本売れている大人気商品。リップクリームも敏感肌用なので、花粉の時期のリップケアはこれを本命にするつもり。

ラ ロッシュ ポゼ リップケア 1320円

ラロッシュポゼ リップケア

美容成分など
セラミド5(保湿成分)、ビオリピッド(エモリエント成分)、シアバター(エモリエント成分)を配合。
無香料、パラベンフリー、アルコールフリー、皮膚科学的テスト済み。


今回ご紹介する5商品で唯一、セラミド配合。セラミド5はヒト型セラミドの一種で、私は乾燥性敏感肌になったとき、この成分配合のコスメに頼っています。


使用感・美容効果
やや固めのテクスチャーですが、塗り心地はスムーズ。

ラロッシュポゼ リップケアの使用感

保湿力◎/修復力〇/荒れ予防△/メイク下地〇
同じく敏感肌用のビオデルマにつぐ保湿力。手持ちのスキンチェッカーで、塗って数時間後の平均水分量は44%でした。
セラミド配合だから、特に乾燥によって敏感肌になったとき重宝しそう。

全て平均点以上! 目的別にオススメリップクリームを選ぶなら

今回5点を私の独断と偏見で、項目別に評価してみました。ですが、実際はどれも、今まで使ったスティックタイプのリップクリームの平均点を超える優秀アイテム。


→リップメイクとの相性で選ぶなら
口紅(特に流行りのマットリップ)との相性がよかったのは、ヴェレダ。リップメイクの質感への影響が最も少なく、色モチをよくしてくれました。
また、荒れやすい口紅の下地に使ったときでも荒れを予防してくれたユリアージュビオデルマは、メイク前のリップケアに最適。この2点も、マットリップ以外ならそれほどリップメイクに影響を与えません。


→唇のガサつきの修復力で選ぶなら
リップメイクとの相性はそれほどよくなかったものの、皮むけがひどくなったときメイクをお休みできるなら、高い修復力のアベンヌが有効。何度も塗り直さなくても、長時間唇を保護してくれます。
また、硬いリップクリームを唇に当てること自体が刺激になることもあるので、とにかく柔らかいテクスチャーのユリアージュビオデルマもおすすめ。
これら3点は塗り口が斜めカットなので、効率的に広い範囲に塗れて、負担も軽減できます。


→敏感肌になったときは
乾燥や花粉、汗で敏感肌になりやすい私は、敏感肌用のアベンヌビオデルマラ ロッシュ ポゼがいざというとき頼りになりそう。特に私にとって相性のよい成分「セラミド」配合のラ ロッシュ ポゼは、オールマイティに活躍してくれると思います。


長引くマスク生活や外出自粛でリップメイクをお休みしている方は、今がリップケアのチャンス。自分に合ったリップクリームで乾燥や花粉にしっかり備え、リップメイクの映えるふっくらうるうるの唇を手に入れましょう!


※記事内容は個人の体験に基づくものであり、すべての方への効果を保証するものではありません

share