サボリ1秒ブ肌一生! スキンケアのやる気スイッチの入れ方、教えます

スキンケア
いいね! 1件

暑さや、ダラダラ止まらない汗に心が折れて、肌のお手入れをサボリがちなこの季節。夏の間に受けたダメージを放置すると、秋まで肌の不調を引きずることに。「MAQUIA」9月号で紹介中の、小林ひろ美さんの“やる気スイッチ”の入れ方を覚えれば、肌も気持ちもすっきり!

Image title


美容家

小林ひろ美さん

効きめ大のテクを世に送る、まさに美の発明家。日々の生活の中の事柄を、楽しみながらできる美肌磨きへと変換。



小林さん「やる気の追い風が吹けば、人間のパワーってものすごい力を発揮するんですよ。でも、夏は暑さやダルさでやる気がオフモードになりがちだから、私は日々のお手入れに、脳を覚醒する香りや、ふき出す汗をクールダウンするテクニック、夏バテ気味のカラダを元気にする飲み物や食べ物などを取り入れて、やる気スイッチをONにしています!」



小林ひろ美さんがいつもしているやる気スイッチの入れ方は?


1.覚醒系アロマブレスで脳内のスイッチをオンにImage titleImage title

朝、やる気が起きない時は、グレープフルーツやマンダリン、ローズマリー、レモンなど、脳を覚醒する香りのアロマやコスメを上手に使うのがおすすめ。アロマは手に一滴たらしたらこすり広げ、深呼吸すればOK! 夜は、鎮静系の深い眠りに誘う香りを味方につけて。

Image title


(左から)オーガニック ローズマリー精油 ¥1000、同ホーリーバジル精油 ¥1500/美・ファイン研究所



2.夏バテモードを一掃するのは朝1杯のレモン水

(メイン画像)

朝一番に口にするのは、ミネラルウォーターにオーガニックレモンを搾ったレモン水。朝一杯の水の効能はよく知られますが、そこにレモンのビタミンCとクエン酸をプラスすれば、夏バテ防止&美白効果もある美容水にチェンジ! 日中は、紅茶にレモンをいっぱいスライスして香港アイスティー風もオススメですよ~。



【次ページをチェック!】メイク前の暑さ&ダルさは“冷やしコスメ”でダウン!≫≫

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN