夏バテ肌の救済対策☆ お疲れ顔は早くお手入れすると回復もスピーディ!

スキンケア
いいね! 0件

夏のダメージを受けて、どんより疲れた肌には要注意!  「MAQUIA」10月号では美のプロのテクニック集、「お疲れ残暑肌の100問100答」を掲載中。その中から、今日は夏バテ肌を回復させるとっておきのケア方法を紹介します。

Image title

答えてくれた美のプロフェッショナル

コスメコンシェルジュ

小西さやかさん

化粧品開発者としての経験を活かし、豊富な知識で正しい化粧品の選び方を伝授している。

美容家

小林ひろ美さん

独自の美容理論と取り入れやすいテクニックで大人気。その美肌に憧れる女性も多い。

Rサイエンスクリニック広尾 院長

日比野佐和子先生

アンチエイジングやプラセンタ療法など多岐にわたる診療で、多くの女性から信頼を得ている。

トータルビューティ

アドバイザー

水井真理子さん

美容家のもとで美容理論やテクニックを学び、独立。現在は講演や雑誌などを中心に活躍中。


Q.保湿のやりすぎは肌によくないってホント?

A.それはウソ。保湿はしっかりやるべき!

水井さん「夏は肌が乾燥しやすいので、保湿は積極的に行いましょう。化粧水→美容液→クリームと、ひとつひとつをしっかり肌に入れ込むようにお手入れすればOKです」。


Q.肌の乾燥からかゆみが……どうケアするのが正解?

A.セラミド入りアイテムをしっかり浸透させて、肌のバリア機能を強化!

水井さん「肌の水分が蒸発しやすい状態になっている可能性があるので、セラミド入りのアイテムで肌のバリア機能の立て直しを。手のひら全体を使ってしっかり肌に押し込んで」。

Image title


化粧水や美容液などは、最後にハンドプレスしてしっかり浸透させること!


あの赤のジェリーが、さらに高濃度にヒト型ナノセラミドを配合しパワーアップ! アスタリフト ジェリー アクアリスタ 40g ¥9000/富士フイルム(9月1日発売)

Image title

【次ページをチェック!】肌のゴワつき、吸収力が悪くなったときはどうすればいい?≫≫

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN