冷たい北風が吹いたら要注意! 角質ケアで肌の衣替えを!

スキンケア
いいね! 5件

朝晩の気温も少しずつ下がり、寒暖差が激しいこの季節、外気の乾燥も進んでいます。この季節の変わり目に気をつけなければならないのがゆらぎ肌。急に肌のざらつきや乾燥が気になり始めた…なんて心当たりはありませんか?

それは外部環境の変化が刺激となり、肌が敏感に傾いている証拠。ゆらぎ肌になってしまったとき、どのようなケアが効果的なのかをトータルビューティアドバイザー 水井真理子さんに教えていただきました。Image title

衣類同様、お肌にも衣替えが必要、
古い角質を除去して潤いで満たす

気温差や空気の乾燥などの外的要因によって、肌の水分が奪われバリア機能が低下することで、ターンオーバーの周期が乱れ、古い角質が肌に残ってしまいます。

その結果、角質が硬化→水分が肌の奥まで浸透しない→肌の乾燥や角質がさらに硬化…という悪循環に陥ります。そのまま放っておくと、くすみや肌荒れを引き起こす原因に。ヒューッと冷たい北風が吹いたら、それはゆらぎ肌ケアを開始の合図。衣類と同様にお肌にも衣替えが必要です。

まずは古い角質を取り除き、水分や栄養分が受け入れられる肌調子に整えることが第一。“ピーリング”と聞くと拒否反応を示す人もいますが、肌をいたわりながら、肌に不要なものだけを除去してくれる商品もたくさんありますので、自分の肌に合う角質ケアを取り入れましょう。


【次ページをチェック】水井さんおすすめ★角質ケアアイテム>>

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN