肌のくすみがピークに達するのは秋! 今、取り組むべき美白ケアをレッスン

スキンケア
いいね! 10件

まだまだ紫外線が多く乾燥が気になり始めたこの季節。「MAQUIA」11月号では、いつものコスメが効かない“ストライキ肌”のお手入れ方法を紹介中。その中から、肌のくすみがピークに達する今やるべき美白ケアをちらっとお教えします。ストライキ肌を放置せず、美白に励んで透明感や潤い、輝き感を育てるのが正解!Image title

【教えていただいたのは…】

メイクアップアーティスト

広瀬あつこさん

透明感とツヤのある肌作りと、上品なメイクに定評あり。卓越した技術で肌の気になるトラブルを消し去るエキスパート。


成城松村クリニック 院長

松村圭子先生

婦人科医。婦人科系のデリケートな内容も相談しやすい気さくな人柄と深い知識と経験で全国から患者が殺到するほど。


ポーラ化成工業 研究所

五味貴優さん

ポーラ化粧品の人気ブランド「B.A」などの研究開発に携わる。徹底した生理研究データをもとに新知見の誕生にも貢献。


銀座ハリッチ院長

川辺なお先生

自身の過敏な肌も、東洋医学的なアプローチで蘇らせた猛者。多くのモデルやタレントにも頼られる“銀座の美肌姉御”。


アユーラ 商品開発グループ

松田千津子さん

アユーラで数々の商品開発を担当。季節による肌や体の変化に詳しく、東洋医学の視点も取り入れたケア提案に定評が。


コスメコンシェルジュ

小西さやかさん

メーカーで化粧品の研究開発に携わった経験と豊富な成分知識をもとに、最適のコスメと使い方をセレクトするプロ。


美容家

小林ひろ美さん

独自の美容理論に基づき、日常の中で取り入れやすいスキンケアテクを多数生み出す。輝くような白肌はまさにお手本!


タカミクリニック 院長

高見 洋先生

美容皮膚科医。開業以来16年、20万人以上の悩みに応えているニキビ治療のパイオニア。女優やモデルのかかりつけ医。


松倉HEBE DAIKANYAMA院長

草野貴子先生

抜群の美貌と患者目線の治療方針には多くのファンが。ハードな仕事ゆえ、ストライキ肌をなだめるケアにも一家言あり。



資生堂 リサーチセンター

中山三佳さん

美容法の研究開発・提案に携わって13年のベテラン。紫外線と肌ダメージにまつわる話に精通している、美肌育てのプロ。


Q.美白は秋が本番って本当?

A.メラニン量は多いままなので、この時期の美白こそ大切!

中山さん「紫外線量は9月になると低下しますが、夏の影響が残ってメラニン量は多いまま。この時期の美白は夏のツケを清算するのにとても有効なので、ぜひ取り入れてください」。

Image title


HAKU メラノディフェンスパワライザー(医薬部外品) 120g¥6000(編集部調べ)/資生堂

Image title


肌の明るさを左右するメラニン量は、秋もかなり多い。この時期に美白の手を緩めないこと。(資料提供:資生堂)


Q.夏の美白コスメは、買い替えしたほうがいい?

A.継続しつつ、絡みのいい点美白をプラス

小林さん「特に替える必要はありません。ただ、夏のツケでメラニンが黒化するので、気になるなら肌絡みのいい“点の美白”をプラスして」。

Image title

“点美白”の2大巨頭。(上から)エピステーム HQブライトコンセントレイトa 12g¥13000/ロート製薬 

Image titleホワイトショットSX(医薬部外品) 20g ¥12000/ポーラ


Q.秋冬ならではの、美白の効かせワザを教えて!

A.お手入れの締めに“ついばみマッサージ”をImage title

小林さん「肌が滞る時期は、代謝を促す“ついばみマッサージ”を。人差し指と親指の側面で、肌表面を、小鳥がついばむように軽くつまむ。これを繰り返すと、微小循環がアップ。スキンケア直後の肌に行って」。


Q.シミ発見! どうすればいい?

A.美白コスメに加え“内からの美白”も重ねて攻めること!

小林さん「美白コスメも大切だけれど、“内からの美白”もお忘れなく。朝のおめざの水にレモンを1/ 4搾って飲むと、ビタミンCもクエン酸も摂れて抜け感ある肌に」。


【次ページをチェック!】食生活で美白ケアするには? 気になるレーザーについて≫≫

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN