中野明海さんの溺愛クレンジングは1000円! プチプラ洗顔&クレンジングの名品をご紹介

スキンケア

「MAQUIA」7月号では、美容賢者40名が選んだプチプラ&コスパ・コスメグランプリを開催。洗顔&クレンジング部門で選ばれた真のハイスペック・コスメとは?

Image title

 洗顔部門 

「別人みたいな美肌に
洗い上がる!」―浦安真利子さん

Image title

 1位 

ロート製薬
オバジC
酵素洗顔パウダー

 ¥1800 

0.4ℊ×30個

発売以来1年以上が経過した現在でも、毎月約150%売り上げを伸ばしているというヒット製品。ビタミンCと酵素の力で、毛穴の黒ずみをオフ。使い続けると素肌に透明感が生まれる、とリピートする女性が多いそう。高度な技術と質のよい原料を採用しながらも、大量生産することでコストダウンに成功している。

Image title

 2位 

カネボウ化粧品
suisai
ビューティクリア
パウダーウォッシュ

 ¥1700(編集部調べ)

0.4ℊ×32個

「1回約50円で上質な角質ケアができちゃう」(濱田文恵さん)

55年もの歴史を持つ、カネボウ化粧品の酵素洗顔料開発の成果を凝縮。2種の酵素とアミノ酸系洗浄成分が、黒ずみやザラつきをクリアに。「少量を水と混ぜて練り状にし、スクラブにすることも」(濱田さん)

 3位 

花王
ビオレ
スキンケア洗顔料
モイスチャー

 ¥427(編集部調べ)

130ℊ

「身近な製品に画期的技術を搭載する姿勢に脱帽」(弓気田みずほさん)

独自技術で刺激になる汚れを落とし、潤いはキープ。洗うたび健やかな素肌へと導く。肌に優しい処方を手軽に購入できる点も、人気の理由。「日本女性の洗顔を見つめ続けるビオレだから実現できた製品」(弓気田さん)

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN