人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

【2019年上半期ベスト・スキンケア大賞】美容史に残る傑作! ビタミンCの限界に挑んだオバジの美容液

スキンケア

開発構想15年を経て、ついに誕生した極限美容液を多くの美賢者が絶賛! 「MAQUIA」8月号から、2019年上半期のベスト・スキンケア大賞に輝いた「オバジC25セラム ネオ」をご紹介します。

Image title



ベスト・スキンケア大賞


実現不可能だった
ビタミンC濃度25%を実現


選んだのは・・・
安倍 石井 伊藤 犬木 鵜飼 岡部 長田 小田 小田切 風間 柏谷 加藤 神崎 木下 倉田 小林 齋藤 清田 芹澤 平 貴子 髙橋美智子 高橋里帆 高見沢 巽 谷口 轟木 中島 野崎 萩原 火箱 藤井 藤原 前野 松井 摩文仁 水井 森山 山崎 山下 山本 弓気田 湯田 吉田昌佐美 吉田百合 若菜


Image title


761

オバジC25
セラム ネオ

12ml ¥10000/ロート製薬

毛穴やシミ、ハリ、キメ、シワなどにマルチにアプローチするビタミンC。そんなビタミンCは、濃度が高くなるほどエイジングへの効果がアップするとあり、オバジがその限界に挑戦。開発構想15年を経て、ついに極限美容液が誕生した。何より美容賢者の心をつかんだのは、その早い効果実感。個々の肌悩みへスムーズに働きかけ、結果を出すその仕事っぷりにほれ込み、リピートする人が続出中!


ここが自慢!
オバジ PR 阿部由美子さん

□評判の高かったオバジC20セラム以上の効果実感をもつ美容液が完成。
□約15年の歳月をかけてビタミンCを安定化させる技術を確立。


美容エディター 安倍佐和子さんが解説!
規格外の効果で美容の歴史に残るであろう傑作

美白ケア? 美肌ケア? それともエイジングケア? いいえ、それらすべてを包括しながら、私たちの常識をはるかに超えた次元で、“今期最高峰”といえるのが、ロート製薬のオバジC25セラム ネオだろう。安定配合は至難の業といわれるピュアビタミンCを前代未聞の史上最高濃度、25%配合に成功。15年もの歳月を費やし、完成した極限美容液だ。

オバジC25セラム ネオ誕生以前は、20%以上の高濃度ビタミンCが肌にどんな効果をもたらしてくれるかは未知の世界。高濃度であるがゆえに使い心地の良さを諦めなくてはと思っていたのに、それがどうだろう、使用感に一切のストレスなし。むしろ浸透力の良さは感動的なほど。目の前にあるのは、私たちの想像をはるかに超えるドラマチックな肌効果だけなのだ。毛穴にシミ、ハリやキメ、シワなどあらゆるエイジングのサインまで。きっと、ビタミンCの強靱なパワーに改めて開眼した人も多いはず。オバジC25セラム ネオは、性別や年齢を超え、あらゆる現代人の肌に奇跡をもたらす傑作といっても過言ではない。


Image title


「これさえあれば、生涯〝老けない肌〟で過ごせる予感」
――小田ユイコさん 


「くすみ、頬のダレ毛穴、しぼんだキメが一掃! 今期もっともパワーを実感」
――弓気田みずほさん 


「ビタミンCの効果をこれほどまでに感じられるものはかつてなかった」
――貴子先生


「限界濃度25%の威力をひしひしと毎日実感。もうないと不安なぐらい」
――石井美保さん 


「肌質を選ばず、全方位で肌クオリティが底上げされる実感大」
――平 輝乃さん 


「今年、最速で肌の変化を実感したスーパー美容液。使うのをやめるのが怖い」
――摩文仁こずえさん


「ビタミンCが〝万能美肌薬〟であることを再確認させてくれたアイテム」
――加藤智一さん


「ビタミンCをここまで濃厚に閉じ込めたセラム、前代未聞!」
――山本未奈子さん


MAQUIA8月号

撮影/大原敏政(角版) 取材・文/藤井優美〈dis-moi〉 構成/木下理恵(MAQUIA)


【MAQUIA8月号☆好評発売中】

美容液の記事をもっと見る

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN