人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

二度見されるヘルシースキンに! ツヤを消さない仕上げのパウダーテクを教えます

メイクアップ

「MAQUIA」10月号では、ヘルシースキンの決め手となる「血色」&「ツヤ」の仕込み方を長井かおりさんがレクチャー。今回は、ベースメイクの仕上げとなるフェイスパウダーのテクニックを公開!

Image title

理想の美肌のつくり方を、でっかプロセスで解説

血色仕込みツヤ足しベースで「めぐる肌」に

活き活きと、幸せ感も生命力もめぐったようなヘルシースキンに必要不可欠な「血色」と「ツヤ」。その2つを仕込む全行程を新作アイテムでご紹介。ひと手間で、肌印象が変わる!?


Image title

ヘア&メイクアップアーティスト
長井かおりさん


色の力と輝きを信じて
めぐる肌メイクを極める

“めぐり”は美肌印象をもたらすだけでなく、ポジティブでヘルシーにも見えるポイント。そのためには「血色」と「ツヤ」が欠かせない、と、長井さん。

「“血色”と“ツヤ”はまさに、めぐりのよさを象徴するもの。この2つをきちんとおさえれば、たちまち美肌感をもたらすことができます。多種多様な秋冬の新作ベースアイテムからセレクトしたいのは、イエベorブルベに関係なく、血色感をもたらすキーカラーとなるピンク下地やフェイスパウダー。また、即座にツヤ足しできるハイライトやクリームファンデも狙い目です。難しいテクは無用。これらを活用すれば、ほんのひと手間でめぐる肌が叶います」


血色仕込み

仕上げのフェイスパウダー
ツヤ消さず、血色を重ねて

Image title

ベースメイクのアンカーとなるフェイスパウダーは、これまで作ってきた血色とツヤを殺さないことが大切。「仕上げのパウダーはほんのりピンク系でブレずに血色感仕込みに徹したいところ。気をつけたいのは全面に均等につけないこと。皮脂が多い部分は押さえぎみに、広い面はフワッとベールをかける要領でメリハリのあるつけ方を」


ポイント

パウダーはパフの全面になじませるのが大事

ムラづきの原因は、パフへのなじませに問題ありのケースがほとんど。パフ全面に均一になじませるのがポイント。

Image title


Image title

1 パウダーは皮脂くずれしやすい部分からのせる

Tゾーンなどの皮脂くずれしやすい部分=きっちりのせたい部分からスタート。パフを折り曲げて強めに押さえる。


Image title

2 広い面はパフ全体を使ってサワサワのせ

広い面はパフを広げ、パフの全面を使って、やさしくスナップを利かせるようにサワサワとのせる。すべらせたりこすったりはNG。


Image title

A 4種の偏光パール入り。ナチュラグラッセ ルースパウダー シアーモイスト SPF13・PA++ 11g(パフ付き)¥4200/ネイチャーズウェイ(9月18日限定発売) B シルクのようになめらか。キャンメイク トランスペアレントフィニッシュパウダー SB(パフ付き)¥940/井田ラボラトリーズ(9月1日発売) C ライスパワーNo.7などの美容成分を贅沢配合。米肌 つやしずくフェイスパウダー 02 SPF15・PA+ 9.5g レフィル(パフ付き)¥3000、ケース ¥1000/コーセープロビジョン

Image title



MAQUIA10月号

撮影/当瀬真衣〈TRIVAL〉(モデル) さとうしんすけ(物) ヘア&メイク/長井かおり スタイリスト/福永いずみ モデル/スミス 楓 取材・文/靏田由香 構成/木下理恵(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

【MAQUIA10月号☆好評発売中】

長井かおりさんの記事をもっと見る

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN