長井かおりさんが伝授! ぼんやりしがちな薄眉はパウダーでふわっと色づけするのが正解

メイクアップ

薄眉はパウダーで色づけして、ふんわりボリュームを。「MAQUIA」8月号では、ぼんやりしがちな薄眉の描き方を長井かおりさんがレクチャー。

Image title

長井かおり式

もっと私に似合う眉

印象操作に大切な“眉”。なのに、いつもメイク悩みの上位を独占するパーツ。今回は多くの眉を美眉に導いてきた長井さんに、「自分に似合う眉」になるための独自のフィロソフィーとテクニックを教わりました。

Image title

ヘア&メイクアップアーティスト
長井かおりさん

多くのモデルや女優のメイクを手がける。分かりやすいメイク理論で多くの支持を集め雑誌、広告など幅広いジャンルで活躍。


長井かおりさんが眉のお悩みを解決

タイプ別 描き方プロセス
眉タイプによって、描き方もお役立ちアイテムもいろいろ。お悩み解決のヒントを大公開。


顔の印象が寂しく見える薄い眉

Image title

パウダーで
ふわっと色づけを

薄眉の場合は、いきなりペンシルで濃く描こうとすると、固く不自然な印象になりがち。まずは、色をほんのり足す感覚でパウダーをのせ、眉にふんわりとしたボリュームを与えるのが失敗しないコツ。

Image title

毛が細く薄い眉は目元の印象がほんやりしがち。パウダーでまだら感をなくし、ペンシルで少しライン感を出せば意志のある目元に。

1/6

2/6

3/6

4/6

5/6

6/6

自眉に合う色をカスタマイズ。アイブロウパウダー BB ¥1500、アイブロウライナー BB ¥1500、ホルダー P/P ¥1000/イプサ

ツヤとボリュームをプラス。インディケイト アイブロウマスカラ パール ¥2800/セルヴォーク

1 パウダーチップを寝かせ、ワイパー状に色をのせていく。
→スクリューブラシをかける

2 起点となる黒目外から目尻までの間に眉山を決め、ペンシルで描く。
→スクリューブラシをかける

3 ペンシルで上の山から眉尻、下の山から眉尻をフレームをとる。
→スクリューブラシをかける

4 透明マスカラで固定。地肌につけないように内から外にとかしつける。


MAQUIA8月号

撮影/向山裕信〈vale.〉(モデル) 久々江 満(物) ヘア&メイク/長井かおり スタイリスト/西野メンコ モデル/佐藤さき 取材・文/靏田由香 構成/若菜遊子(MAQUIA)


【MAQUIA8月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN