マキア最新号の付録は千吉良恵子さん監修のオーバル型“毛穴消し美肌ブラシ”

メイクアップ
いいね! 8件

千吉良さん監修のオーバル型のブラシが、「MAQUIA」5月号の付録として登場。磨いて、ぼかして、叩き込んで。使い方ひとつでどんな肌にも仕上がる流行のブラシをぜひ体感して。

Image title

大好評!
ヘア&メイクアップアーティスト
千吉良恵子監修第9弾


何本も欲しくなる究極のブラシが完成

「前回よりもあっと驚かせるような監修付録を作りたい! と毎回、試行錯誤していますが、今回の『毛穴消し美肌ブラシ』は、大きさや毛質、毛量、ブラシのしなり、持ちやすさなど、どれを取ってもパーフェクト! 渾身作です。ファンデーションに使えるのはもちろん、チークやハイライト、コントゥアなどマルチに活躍してくれます。テクニックいらずで理想の肌に仕上がる、そんな手軽さをぜひ実感してみてください。ブラシに苦手意識がある人もきっと手放せなくなるはずです」(千吉良さん)

Image title

Image title

肌触りのいい細い毛がぎっしりと密集。コシのある毛が、クッションのような弾力を持ち、均一な力で、ムラなく塗ることができる。

Image title

約90度に曲がる柔らかいヘッド部分は、肌への負担を最小限に抑えられる。ヘッドを少し曲げ、細かい部位にもくまなくフィット。

Image title

ちょうどいい大きさなので、えんぴつ持ちやグリップ持ちなど、どんな持ち方でも力が入りすぎず、絶妙な加減でメイクできる。


基本の持ち方

Image title

上下や左右にスライドさせる時は、安定感のある、えんぴつ持ちが◎。

Image title

ポンポンと叩き込む時や、ブラシを縦にして左右に動かす時は、グリップ持ちがおすすめ。

Image title

小鼻や口角、目尻など、細かい部分をピンポイントに塗る時は、ヘッド持ちで一点集中。


5つのテクがこれ1本でできる!

グリップを軽く持ち、肌表面にくるくると円を描くだけ。簡単につるスベ肌へ。

手首のスナップを利かせながら、ポンポンとタッピング。なじませテクに。

グリップの端を持ち、軽く肌表面に触れながらスライド。薄づきヴェール肌へ。

内側から外側に向かって滑らす。ムラなく均一に伸び、肌の凸凹をカバー。

ヘッドを軽く持ち、小鼻や頬など毛穴を隠したい部分にくるくると。毛穴レスに。

※ワンコイン版にはこの付録はつきません。


MAQUIA5月号

撮影/寺田茉布〈LOVABLE〉(モデル) 久々江 満(物) ヘア&メイク/千吉良恵子〈cheek one〉 スタイリスト/佐山みき〈LOVABLE〉 モデル/林田岬優 取材・文/佐藤 梓 構成/木下理恵(MAQUIA)


【MAQUIA5月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN