不器用さん歓迎!ほんの少しのコツやツールで簡単にデカ目になれるテクニック

メイクアップ
いいね! 0件

「MAQUIA」4月号では、メイク下手で不器用な人でも簡単にデカ目がつくれるテクニックやアイテムをお届け。アイシャドウがムラにならないアイテムはNARSのアイシャドウベース。

Image title

お話を伺ったのは…

ヘア&メイクアップ
アーティスト

Georgeさん


ヘア&メイクアップ
アーティスト
広瀬あつこさん


ヘア&メイクアップ
アーティスト
KUBOKIさん


ヘア&メイクアップ
アーティスト
じゅんじゅんさん


Q1 アイラインだけでデカ目に見せる方法を教えて!
A ペンシル+リキッドの2本使いで完璧
(Georgeさん)

Image title

まずは、黒目上のまつ毛間をペンシルライナーで埋める。黒目の存在感アップ、デカ目に。

Image title

上ラインはリキッドで、生え際ギリギリと目尻に。細くてもキリッと効果的に引き締まる。

Image title

上まぶたにラインをプラスするだけで、フレームがくっきりして印象的なデカ目に。

Image title

ペンシルとリキッドのダブルエンド。スウィーツ スウィーツラスティングWライナー 01 ¥1000/シャンティ


Q2 マスカラを塗ると必ず目の周りについちゃう
A 名刺が便利です

Image title

「まつ毛とまぶたの間に名刺を挟めば自由に塗れるよ」(じゅんじゅんさん)。「フィルムタイプのマスカラならついても簡単に落とせます」(広瀬さん)


Q3 マスカラって塗らなきゃデカ目に見えない?
A まつ毛の威力は絶大です!

「アイラインだけでもそこそこデカ目は叶いますが、目元に3Dの立体感を与えるマスカラの存在感は絶大。ひと塗りするだけでも印象が変わります」(KUBOKIさん)


Q4 まぶたのシャドウがいつもムラになります
A NARSのベースがおすすめ

「まぶたが乾燥しているとムラづきするので、保湿効果があるアイシャドウベースを使ってみて」(Georgeさん)

Image title

まぶたのトーンを均一に整え、思い通りの発色が実現。スマッジプルーフ アイシャドーベース¥3100/NARS JAPAN


Q5 チップを使うとムラになります
A ツールの特性を知ろう

「チップは狙った場所にしっかり色をのせるもの。ブラシならふんわり広範囲に色がのせられます」(広瀬さん)

Image title

二重幅や涙袋にはチップ、アイホールや眉下のハイライトにはブラシと、使い分けることが大切!


Q6 インサイド埋めが絶対に崩れるんです…
A DAZZSHOPのリキッドがびっくりするほど落ちない!
(森山さん)

Image title

上まぶたのインサイドには、フィルムタイプのリキッドライナーを。

Image title

下まぶたは茶のシャドウライナーでインサイドのにじみをブロック。

Image title

Image title

汗・皮脂・涙にも強い。マルチプルーフラスティングリキッドアイライナー BLACK ¥2500/DAZZSHOP


MAQUIA4月号

撮影/内藤啓介〈KiKi inc.〉 押尾健太郎 土佐麻理子(モデル) 中澤真央(物) ヘア&メイク/KUBOKI〈Three PEACE〉 George 広瀬あつこ 北原 果 スタイリスト/中村美保 モデル/中西麻里衣、石井里奈(マキアビューティズ) 取材・文/風間裕美子 野崎千衣子 構成/山下弓子(MAQUIA)


【MAQUIA4月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN