下まぶたメイクに赤みニュアンスを入れて、色っぽ可愛く!

メイクアップ
いいね! 3件

年齢を重ねたからといって“可愛い”は捨てたくない。でも若作りをしていると思われるのはもっとイヤ。「MAQUIA」9月号で紹介中のメイクから、ピュア感とオトナの色気をナチュラルに演出するメイクをお見せします。

Image title


千吉良恵子さん

女優からモデルまで絶大な信頼を得る人気アーティスト。トレンド感と可愛らしさがMIXされたメイクが、幅広く支持を受ける。


ピュアと色気が同居するオトナのロリータFACE


千吉良さん「下まぶたメイクは頬の余白を狭め、ウエイトを低く見せてくれるので、顔の印象を甘く見せる効果が。そこにあえて色気を引き出す赤みニュアンスを加えることで、絶妙な色っぽ可愛い表情に! この赤みは、レッドの上にゴールドラメを重ねているのでなじみが良く、泣いた後のようなうるうる感を演出。さらに、目頭のメイクはあえて抜き、目尻にポイントを置いたので、タレ目風メイクになり、色っぽさとピュアさを強調してるんですよ」。



眉マスカラのみの遠心メイクで甘くImage title

眉をしっかり描いてしまうとピュアさが損なわれてしまうので、アイブロウマスカラでサラッと仕上げて。ウエイトを外側に置いた遠心メイクで甘さを出しつつ、ムラなく染めてきちんと感を演出。

Image title


眉頭は抜かし、アイブロウマスカラを塗る。逆毛を立てるように塗り、ムラなく色づける。


ほんのりグレイッシュなブラウン。ナチュラルな毛流れを再現。ウォータープルーフ ブロウ セット クワイエット ブルネット ¥2600/M・A・CImage title


【次ページをチェック!】赤みニュアンスで、目元にほのかな色気をプラス



RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN