ブルベ肌×夕方4時のメイク直しは、ゴールドパール入りピンクチークで美女復活!

メイクアップ

「MAQUIA」8月号では、肌トーンとは逆の色を使ったTPPOに映えるメイクを高橋里帆さんが提案! 夕方になると血色が悪く見えがちなブルベ肌を救うのは、血色感を演出するゴールドパールチーク。

Image title

「メイク映え色」とは?

あえての反対色の投入で
視線をパーツに集める

メイク映え色とは、イエベ肌なら青みを帯びた色、ブルベ肌なら黄み系というように、肌トーンと反対の色のことを指します。メイク映え色は、肌から浮き立って見えるので、そのパーツが際立ち、視線を集めることが可能に。


メイク映えのスペシャリスト
神崎恵が考える

肌のくすみが気になる
 夕方4時 

この時間になると体も心も停滞モード、肌は透明感を失い、目の下にはクマが。朝と比べて、疲れたり老けて見えるので、仕事&アフター7のためにも、フレッシュ感を取り戻せるメイク映え色で、一発逆転を!

Image title

ゴールドパールチーク
でクマをカバー

血色が悪く見える、目の下のクマが目立つ……そんなブルベ肌さんの“夕方あるある”を解決するのは、ゴールドパール入りピンクチーク。目の下から広い範囲にチークをのせれば、クマを目立たなくしてくすみを一掃。血色あふれるヘルシー美女の復活です。

1ほてったような肌を作る。ブラッシュ 5194 ORGASM ¥4500/NARS JAPAN(限定品)

2 濡れツヤ感の出るルースパウダー。ウォータープルーフ。カネボウ モノアイシャドウ 02 ¥3200/カネボウインターナショナルDiv.

3 クリアで上品なピンク。フレッシュセント ルージュ 09 ¥3800/エレガンス コスメティックス

EYE 2を二重幅にのせ、下まぶたは目尻側だけにのばす。上まぶたに黒のリキッドでアイラインを描き、黒のマスカラを上のまつ毛につける。CHEEK 1を目の下のクマに重なる高さから、頬全体に広くのせる。次に、頬の高いところだけ横に長く重ね塗り。ゴールドパールの入ったチークが血色を演出し、肌がくすむと頬骨が出て見えるのをカバーする。 LIP ブルベ肌と同じ、青みピンクの3を唇全体にのばす。


MAQUIA8月号

撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/高橋里帆〈Happy Star〉 スタイリスト/門馬ちひろ モデル/泉 里香 取材・文/風間裕美子 構成/若菜遊子(MAQUIA)

【MAQUIA8月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN