【ハイカバーと透明感の両立】2017年下半期のリキッド&クリームFD部門の第1位は...?

メイクアップ
いいね! 0件

「MAQUIA」1月号から、2017年下半期のリキッド&クリームFD部門の1位~5位までを発表! カバー力と化粧持ちのふたつのニーズに応えた秀作が1位に。

Image title

リキッド&クリームFD部門

1位 247点

イヴ・サンローラン・
ボーテ
アンクル ド ポー オール
アワーズ ファンデーション

SPF20・PA+++ 全4色 25㎖ 各¥6600

Image title


ツヤっぽさは欲しいけど崩れたくない!オシャレ感は大事だけどマットすぎるのはイヤ!そんなわがままに応えるスペシャルなFD。ぐっと見栄えのいい顔に』
――轟木あずささん

『朝の肌の透明感、夕方の肌の艶やかさ。一日中美しい肌を演出し、どんなときもキレイな肌、疲れていない印象までも計算してくれているFD
――水井真理子さん

『毛穴レス、色ムラレスのSNS映えするむきタマゴ肌をつくれるのに、まるで肌そのものがキレイになったように見えるほど自然』
――倉田真由美さん

フォギーという枠に収まらない進化した質感。きちんとカバーしながら骨格を際立ててくれる仕上がり。時間が経っても変わらない透明感が見事です』
――AYAさん

ツヤすぎず、まさに“今”の肌感。ピタリと肌に密着して化粧持ちも抜群に良く、自然な肌感のある品のいい仕上がり!』
――KUBOKIさん


カバー力と化粧持ち。
二大ニーズの理想を追求

多様化する一方のこのカテゴリーの中で、いちばん支持されたFDがあらためて目指したのは「ハイカバーと透明感の両立」。その実現が高く評価されたと同時に、つけたての肌の透明感が1日続くことも票を集めた理由に。


ここに注目!

イヴ・サンローラン・ボーテ
メイクアップ グループ
プロダクトマネージャー
折田亜樹さん

透明感を感じさせる
新しいカバー力を実現

「透明感のために薄づきにするのではなく、極微細のマイクロピグメントとソフトフォーカスパウダーにより、透明感の出るハイカバーを可能に。『私に必要なのはハイカバーだった』という気づきをくれるフォーミュラを、ぜひ多くの女性に体感いただきたいです!」

2位

236点

SUQQU
フレーム フィックス
モイスチャライジング
ソリッド ファンデーション

SPF25・PA++ 全7色 各¥8500(セット価格)

上気したような上質なツヤ感
リッチな肌に』――高橋里帆さん

「伸びがよくピタッとフィットするので、一日中つけたてが続きます」(高橋里帆さん)。「肌への密着度と塗布のしやすさが進化し、ますますヘビロテなアイテムに。なにより塗るだけで自然な立体感のある肌になれるところが◎。いろいろなベースアイテムを使って仕上げたような肌が簡単につくれるので、朝のメイクの時短にも重宝!」(松井さん)

3位

178点

NARS
ベルベットマット
ファンデーション
スティック

全13色 各¥5400/NARS JAPAN

ちょうどいいマット感でパウダー不要の
魔法のスティック』――森山和子さん

「なんて時短なアイテム。直塗りして、くるりと持ち替えてポンポンするだけで肌があらキレイ!」(森山さん)。「感動的なファンデーション。気になる肌のうっすらシミ&くすみは消すのに、厚塗り感はゼロ。やわらかいテクスチャーで肌なじみも抜群にいい! 2色使いでコントゥアにも」(前野さん)。スムーズにパーフェクトなソフトマット肌に。

4位

137点

RMK
3Dフィニッシュヌード

SPF20・PA++(レフィルFのみ)レフィルF 全7色、レフィルP 全2色各¥5500(セット価格)/RMK Division

『今どきな立体感があり、
体温を感じる色っぽ肌に――犬木 愛さん

「ツヤ感と抜け感があり、とってもナチュラルでヌーディな仕上がり」(犬木さん)。「抜けがよく透明感と立体感が際立つ肌に。サラッとフワッと感も良し。きちんとカバー力もあり、肌がすこぶるキレイに見える」(黒田さん)。解放感のあるつけ心地。ファンデーションカラーとパールカラーを組み合わせることで立体感を生み出し、洗練されたヌード肌に。

5位

124点

アディクション
ザ ファンデーション

SPF12・PA++ 全17色30㎖ 各¥4000/アディクションビューティ

私の肌、こんなに調子がよかった?
と思わず錯覚』――谷口絵美さん

「ツヤ感がアップするとかカバー力があるとかではなく、FDを塗った感がないのに、自分の素肌感を残しながらキレイに整えてくれる。乳液のような感覚のテクスチャーも好み」(谷口さん)。「肌に溶け込むようになじみ、完全に一体化してセカンドスキンに。使った瞬間、あっ未来だな!ついにFDはここまで来たのだと感動。さすがです!」(木更さん)


MAQUIA1月号

撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル) 岡崎恒彦(物) ヘア&メイク/犬木愛〈agee〉 スタイリスト/西野メンコ モデル/森 絵梨佳 取材・文/巽 香 構成/吉田百合(MAQUIA)


【MAQUIA1月号☆好評発売中】

Image title

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN