人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

ツヤ足しするならクリームファンデ! 長井かおり式・めぐる肌メイクを解説

メイクアップ

「MAQUIA」10月号では、美肌感をもたらす「ツヤ」の仕込み方を長井かおりさんが提案。プロセスつきで詳しく解説します!

Image title

理想の美肌のつくり方を、でっかプロセスで解説

血色仕込みツヤ足しベースで「めぐる肌」に

活き活きと、幸せ感も生命力もめぐったようなヘルシースキンに必要不可欠な「血色」と「ツヤ」。その2つを仕込む全行程を新作アイテムでご紹介。ひと手間で、肌印象が変わる!?


Image title

ヘア&メイクアップアーティスト
長井かおりさん


色の力と輝きを信じて
めぐる肌メイクを極める

“めぐり”は美肌印象をもたらすだけでなく、ポジティブでヘルシーにも見えるポイント。そのためには「血色」と「ツヤ」が欠かせない、と、長井さん。

「“血色”と“ツヤ”はまさに、めぐりのよさを象徴するもの。この2つをきちんとおさえれば、たちまち美肌感をもたらすことができます。多種多様な秋冬の新作ベースアイテムからセレクトしたいのは、イエベorブルベに関係なく、血色感をもたらすキーカラーとなるピンク下地やフェイスパウダー。また、即座にツヤ足しできるハイライトやクリームファンデも狙い目です。難しいテクは無用。これらを活用すれば、ほんのひと手間でめぐる肌が叶います」


ツヤ足し

クリームファンデを、
下地が透けるうっすらツヤで

今愛されるのは、ギラつくツヤではなく、うるおった肌を感じさせる自然なツヤ。「どのファンデーションも優秀ですが、今年らしさやツヤを重視するなら“クリーム”系がおすすめ。ブラシを使って軽やかになじませることで、下地をヨレさせずに、素肌が透けるような薄づきが叶います。内側からのうるおった血色感をクリームで活かして」


Image title

1 ジグザグ状に面で置いてムラづき予防

額、両頬、アゴに置く。この時も点ではなく、ジグザグに置くことで、素早くムラなくのばし広げるための下準備を。


Image title

2 ブラシで下地をはがさずに薄くのせて

ブラシを使って顔の内から外方向に、ペンキ塗りのような“さすりタッチ”でのばす。これなら下地をはがすことなくムラなくのせられる。


Image title

3 ブラシづけの線は指でならして

ブラシの線ができてしまったら、指でならす。広い面は指の腹でさすらずに指を置く要領で。細部は指の先端の腹でトントンと。


Image title

A 自然なカバー力と透明感を両立。クリーム ファウンデイション N SPF15・PA++ 25g ¥5000/イプサ(9月13日発売) B 3種のオイルバームが織りなす圧巻のツヤ。ルナソル グロウイングシームレスバーム SPF15・PA++ 30g ¥6000/カネボウ化粧品(8月30日発売) C どんな動きにもしなやかにフィット。カネボウ ザ クリームファンデーション SPF15・PA++(オークルAのみSPF10・PA++)30ml ¥20000/カネボウインターナショナルDiv.(11月6日発売) D 5種の美肌オイルを配合。RMK クリーミィファンデーション EX SPF21・PA++(104のみSPF21・PA+++)30g ¥5500/RMK Division(9月6日発売)

Image title

E 先端が平らな大きめブラシ。ショートサイズなので持ち運びに便利。ポータブルファンデーションブラシ ラージ108 ¥4500/メイクアップフォーエバー F 細い毛をたっぷり使った丸みのあるブラシ。柔らかで肌あたり抜群。KOBAKO ファンデーションブラシ D ¥3500/貝印 G 安定して持ちやすく小回りが利くハンドル。パーフェクトスキンブラシ ¥1200/ロージーローザ



MAQUIA10月号

撮影/当瀬真衣〈TRIVAL〉(モデル) さとうしんすけ(物) ヘア&メイク/長井かおり スタイリスト/福永いずみ モデル/スミス 楓 取材・文/靏田由香 構成/木下理恵(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

【MAQUIA10月号☆好評発売中】

長井かおりさんの記事をもっと見る

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN