3つのポイントで完成! 長井かおりさん式、似合う美眉の作り方【簡単基本編】

メイクアップ

3つのポイントさえ押さえれば、失敗知らずの美眉が完成! 「MAQUIA」8月号では、長井かおりさんに、自分に似合う眉の作り方をレクチャーして頂きました。

Image title

長井かおり式

もっと私に似合う眉

印象操作に大切な“眉”。なのに、いつもメイク悩みの上位を独占するパーツ。今回は多くの眉を美眉に導いてきた長井さんに、「自分に似合う眉」になるための独自のフィロソフィーとテクニックを教わりました。


Image title

ヘア&メイクアップアーティスト
長井かおりさん

多くのモデルや女優のメイクを手がける。分かりやすいメイク理論で多くの支持を集め雑誌、広告など幅広いジャンルで活躍。

Image title


Image title

長井式似合う美眉
基本の作り方

難しく考えてしまいがちな眉メイクだけど、長井流の作り方は実はとってもシンプルで失敗知らず。

1.眉頭・眉山・眉尻の
正しい位置

どんな人にも共通する眉ガイドのルールは3つ! 眉頭、眉山、眉尻のポジションどりです。これさえ押さえておけば、自分に似合う美眉の基本をはずすことはありません。

1 眉頭……目頭の真上~小鼻の付け根の延長線上の間であればどこでもOK
2 眉山……黒目の外側の終わり~目尻(白目の終わり)の間であればどこでもOK
3 眉尻……眉頭下の毛の生え出し(根元)から真横に一直線上に収める


2.描く前に
眉骨に沿った
美しい毛流れ
整える

眉メイクするとき、いきなりパウダーやペンシルで描きはじめるのは絶対やってはいけないこと。まずはスクリューブラシで正しく毛流れを整えましょう。

1/4

2/4

3/4

4/4

30度曲げブラシをカスタム

スクリューブラシのヘッド部分を30度に曲げる。これで、眉毛が劇的に根元からとかしやすくなる。

眉骨の位置をしっかり把握

鼻骨からつながる目のくぼみの上が眉骨。指で触れてみるとその位置がよくわかる。

眉骨に沿って斜め上にとかす

眉骨の高い部分に沿い、眉頭→眉尻方向へ向かってスクリューブラシで斜め上にとかし毛流れを整える。

毛流れの基本ガイド再確認

毛流れが整ったら、スクリューブラシを眉山に置き、ベストな位置を確認。30度の眉山こそ基本の角度。

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN