SUPER JUNIORのイェソンに独占インタビュー 撮影の裏側が見えるオフショット動画も!

ライフ
いいね! 19件

「MAQUIA」12月号ではアジアを中心に人気を集めるSUPER JUNIORのボーカル、イェソンさんにインタビュー。11月公開の主演映画や、オンとオフの切り替えについて伺いました。

Image title

PROFILE
2005年、韓国にて「SUPER JUNIOR」のメンバーとしてデビュー。特に歌唱力に定評がありボーカルユニット「SUPER JUNIOR-K.R.Y」としても活躍。現在、初の「SUPER JUNIOR-YESUNG JAPANTOUR 2016~BOOKS~」を開催中。


「縁はどうなるかわからない。
だから気は抜けない(笑)」

Image title

後悔したくないから
常にベストを尽くしたい

 穏やかな口調の端々にほとばしるやる気。長年の夢だったソロツアーが実現し、11月には日本での初主演映画『いきなり先生になったボクが彼女に恋をした』の公開も控え、今とても波に乗っている。
 昨年冬に沖縄で行われた映画の撮影も「僕がアイデアを提案すると、『面白いね、やってみよう』と言ってくださる監督で、楽しんで演技できました」と、満足気。実際、クールに決まるはずだったダンスシーンは、彼のアイデアで笑いを禁じ得ないコミカルな仕上がりに。人には誰でも、エネルギーをためる時期と放出する時期があるけれど、イェソンさんは現在、明らかに後者。「忙しいけれど、とても気分がいい。仕事が楽しくて仕方ない」と笑う姿からは、キラキラしたパワーが発せられていた。
 でも、そんなに発光し続けていて電池切れにならないのだろうか。特に日本や諸外国で活動している最中は、どうやってオンとオフを切り替えているのだろう。

「僕はいつも同じものが部屋に揃っていないとダメなんです。僕にとってのマストはノートパソコンとDVDプレイヤー何台か。同時に回したりするんですよ。僕はながら族というか、同時にいろんなことをする方がラクで、調子も良くなるタイプ。いつも音楽を聴きながら字幕で映画を見て、ランニングマシーンで走る。日本語の歌詞も映画の台本も、何か他のことをしながら覚えます。その方が記憶に残るんです」
 まるで千手観音のような!! そんな効率の良いイェソンさんなのに、遠征中は完全インドア派。飲みに行くことなどほぼないらしい。
「今日の欲望に負けて翌日仕事で後悔するのは嫌ですし、大勢の人の前に立つ者として軽い心構えで姿を見せるのはどうかと。それにコンサート中に思ったんですけど、会場に来てくれている方のどなたかと、僕がお友達になる可能性もあるかもしれない。縁ってどうなるかわからないし。そう考えると気は抜けないです」


NEW RELEASE!

待望日本ソロシングルがこの秋リリースに!

佐々木希とW主演の映画『いきなり先生になったボクが彼女に恋をした』の主題歌にもなっているタイトル曲『雨のち晴れの空の色』を含むソロシングル。愛しい人を思う気持ちが繊細な声で表現されている。

Image title

『雨のち晴れの空の色』CD+DVD+スマプラ・ムービー ¥2000(税込)/エイベックス


撮影に密着した
スペシャルムービーvol.2はこちら≫≫
動画後半でもイェソンさんからのスペシャルメッセージも!


生写真を2名様に抽選でプレゼント!

Image title

プレゼントの応募方法はMAQUIA12月号P297をご覧ください。
※写真は選べません。
※電子版ではこの懸賞に応募できません。ご了承ください。


デニムブルゾン¥16000、デニムシャツ¥9800/バンプロ(スーパーサンクス)パンツ¥15000/エディション 表参道ヒルズ店 アクセサリー/すべて本人私物


MAQUIA12月号

撮影/天日恵美子 ヘア&メイク/Hye Yeon Kim〈vi:n〉 スタイリスト/笠原百合 取材・文/KAORU フラワーアレンジ/fiore soffitta 構成/芹澤美希(MAQUIA)


【MAQUIA12月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN