人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

目を捉えて離さないのは「マスクをした女」神崎恵流・肌なじみ重視の美人レシピ

ライフ

「MAQUIA」3月号では、神崎恵さんがマスクをする日のメイクテクニックを披露! 落ちにくいベースと、立体感のあるブラウンアイがおすすめ。

Image title

神崎 恵
mnuit主宰。ビューティライフスタイリストとしての活動の他、累計100万部を超える著書の執筆をはじめ、雑誌の撮影やトークショー、セミナーなどで全国を飛び回っている。ファン待望の新著『大人のための美容本』(大和書房)も大好評発売中。


マスクをする日

メイクは肌なじみを重視、
それ以外のディテールは女っぽく

 女が突如艶めいた空気を纏う瞬間がある。自覚とは関係なく、視線を吸着されるように目が離せなくなる瞬間が。今日も昨日もその前も例外なく、この瞬間に眼差しを奪われた。それはいったいどんなことか。わたしの目を捉えて離さないのは「マスクをした女」。隠れたものは無条件に意識をそそる。それが顔の下半分というところが更に、目を離せなくさせる理由。顔というものは上下でそれぞれ、持つ特性が異なる。耳から上半分は美しさを引き上げる力をもち、下半分は美しさを引き下げる力を秘めている。どういうことかというと、下半分を隠すことで顔は数倍美しく見えるということ。

 例えば、マスクをした姿はきれい。けれど、鼻と口元をみせた途端、きれいが薄れてしまうというひとを見たことはないだろうか? ものまねメイクで有名なあの彼女も口元を隠すのは、その部分の難易度が高く、顔の印象を左右する大きな比重があることを知っているから。だから、マスクをした顔は美しい。それに隠すという色気が加わるから、なんとも心をそそる印象を醸し出す。花粉症や風邪の季節はもちろん、最近では保湿のためにマスクをしている女性も多い。その姿を見るたびに、ふっと意識が引かれ、見える部分の顔を必要以上に見つめ「気になって」しまう。これは、男性も同意見。マスクをしている女性にはなぜか自然と目がいき、見えている部分の目元だけを判断し、「きれいなひと」という印象をもつのだそう。たった一枚のマスクで無条件に眼差しを集め、さらにきれいなひとと思ってもらえる、こんなに嬉しいことはない。

 ただ、マスクというものはちょっとしたコツがある。装着後でもヨレない肌。ヨレたり浮いたりしないフィット系FDでナチュラルな肌に。そして、目元の美しさにも知恵をしぼりたい。目元は強い印象になりすぎないよう、ブラウンベージュの艶シャドウで目を囲み、シャドウでラインを描くことで、深いけれど抜けのある美人風の目元が完成。マスクで美しさの精度をあげ、心を引きよせる女になれるいい季節。

1/3

2/3

3/3

マスクオフの瞬間は
髪の動きで女度アップ

マスクを外したあとは、女っぽさを高めるワンアクションを。一番手軽なのは髪をかきあげる仕草。大きく巻いた髪に空気とニュアンスがプラスされることで、いい女度が瞬時に高まる。

肌になじむ色選びと
メリハリ感を重視

マスクをする日は強めのアイメイク、厚めのベースは厳禁。マスクとのコントラストだけでなく、外したときの美しさも意識して。落ちにくいベース、立体感のあるブラウンアイを心がけて。

Image title

a オフィスメイクに最適な4色パレット。アイホールにベージュ、二重幅にブラウンを重ね、黒目中央に左下のきらめきシャドウをのせて立体感を。デザイニング カラー アイズ 08 ¥6800/SUQQU b パウダーFDとは思えない、抜群のフィット感でキメ細かな肌に。アンクル ドポー コンパクト B30 ¥7200/イヴ・サンローラン・ボーテ

大きめカールのダウン
ヘアが美人に見せる

髪をひとまとめにすると、マスクの存在感が高まってしまうので、ダウンスタイルがマスト。髪の中間から大きめのニュアンスカールをつくり、表面のツヤ感もきちんとプラスして。


MAQUIA3月号

モデル・メイク・文/神崎 恵 撮影/三瓶康友 ヘア/津村佳奈〈Un ami omotesando〉 スタイリスト/黒崎 彩〈Linx〉 構成・文/若菜遊子(MAQUIA)


【MAQUIA3月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN