目覚めが悪い・寝ても疲れが取れないetc. ひとつでも当てはまるなら「睡眠負債」

ライフ
いいね! 1件

「ただの寝不足」と思ったら大間違い! 日本人の睡眠偏差値は世界最低です。「MAQUIA」12月号から、「睡眠負債」で高まる5つの危険についてご紹介します。

Image title

秋の夜長、正しい眠りでキレイを育む
「睡眠負債」をためない眠り方

毎日の睡眠で、キレイを阻む負債をため込んでいるとしたら……。負債をためない眠り方をマスターして、今夜から返済をスタート!

Image title

まずは睡眠負債があるかどうかをチェック。ひとつでも心当たりがあれば、睡眠負債を抱えている可能性大。2〜3個なら中等度、すべて当てはまる人は重症レベルなので、今すぐ睡眠の改善を!


睡眠負債が引き起こす危険とは?
「ただの寝不足」と思ったら大間違い! 日々の積み重ねが、病気のリスクまで引き寄せてしまうんです。

Image title

お話を伺ったのは…
スタンフォード大学
睡眠生体リズム研究所 所長
西野精治先生
医師、医学博士。睡眠・覚醒のメカニズムを幅広い視野で研究。著書に『スタンフォード式最高の睡眠』。


睡眠負債を防ぐには眠り始めの90分がカギ!
睡眠負債とは、日々の寝不足が蓄積した状態。放っておくと、パフォーマンスの低下や肥満、免疫低下など、マイナス要因を増やすことに。
「7時間睡眠を基準にすると、それより短くても長くても6年後の死亡率が最大1.3倍という調査もあります。ところが、日本人の平均睡眠時間は6.5時間。40%が6時間未満ともいわれており、睡眠偏差値は世界最低です」(西野先生、以下同)
負債返済のコツは、最初の90分のノンレム睡眠で深く眠ること。
「音や光に邪魔されない快適な環境を作りましょう。成長ホルモンが最も多く分泌される時間帯でもあるので、深く眠ることで睡眠リズムが整い、自律神経やホルモンの働きもよくなります。睡眠は貯蓄できない分、日々の質が重要になります」


睡眠負債で高まる5つの危険

免疫低下
睡眠が乱れていると、ホルモンバランスが崩れて免疫の働きにまで悪影響が。「インフルエンザの予防接種をしてもワクチンの効果が認められない」という報告もあるほど! 風邪はもちろん、がんなどの免疫に関する病気のリスクが高まるほか、アレルギーが悪化する危険も。

肥満
睡眠時間が短いと、食べ過ぎを抑制するホルモン「レプチン」が出ず、逆に食欲を増すホルモン「グレリン」が出るため太りやすい状況に。「短時間睡眠の女性は肥満度を表すBMI値が高い」という調査報告もあり。

アルツハイマー
睡眠には、脳や体の休息はもちろん脳の老廃物を除去するという重要なミッションが。睡眠負債や睡眠の質低下によって老廃物がきちんと排出されないと、アルツハイマー型認知症など疾患の危険因子になる可能性大!

注意力の欠如
睡眠負債があると、普通に起きているように見えても、すべての機能が正常に働いていない可能性が……。脳を守るために数秒反応しなくなる「マイクロスリープ」が発生するというデータもあり、仕事のミスにも直結。

肌代謝の低下
肌の水分量は「性ホルモン」や「成長ホルモン」による影響が大きい。それらのホルモンバランスは、睡眠と密接に関係しているので、睡眠の質が低下すれば保水量も比例して低下。新陳代謝も乱れて肌荒れの原因に。


MAQUIA12月号

イラスト/黒猫まな子 取材・文/国分美由紀 構成/火箱奈央(MAQUIA)


【MAQUIA12月号☆好評発売中】

Image title


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN