ぇえっ!? 30代で髪の曲がり角は2度くる~今やるべきケア策はコレ~

ヘア
いいね! 3件

「20代前半の頃とは明らかに髪質が変わった…」。これはまさに“曲がり角”に直面している証拠。でも、心配ご無用! 髪の知識を高めて適切なケアをもってすれば、あなたの髪のポテンシャルを再び呼び覚ますことはできるんです! その方法を「MAQUIA」12月号からチェック。

Image title

<私の髪、20代前半と何か違う?>

うねりがあるとツヤがなくなる

Image title

調査によると、髪がうねることでツヤが損なわれ見た目年齢を大きく変えることが判明! 資料提供/資生堂プロフェッショナル


年齢とともにうねりが増えていく

Image title

エイジングとともに髪のうねり方が強くなり、髪のフォルムまでぼやけて見えてしまう。 資料提供/花王


分け目がどんどん平らになる!

Image title

髪のハリコシがなくなる=根元の立ち上がり不足で分け目の角度まで変わってしまう。 資料提供/花王


今回髪について教えてくれるのは…

草加恭子さん

日本ロレアル セレクティヴ事業部ケラスターゼ 教育部 テクニカルトレーナー


森田康治さん

花王 研究開発第1セクター ヘアケア研究所 上席主任研究員 グループリーダー


中尾智佳世さん

P&G研究開発本部


髙瀬聡子先生

医療法人社団 愛心高会ウォブクリニック中目黒総院長 アンプルール代表


平本由美子さん

資生堂 グローバルプロフェッショナル事業本部 資生堂プロフェッショナルブランドユニット


30代の髪不調はエイジングサインだと心得よ

20代前半の頃は、素髪にも自信が持てたはずなのに、30代を過ぎた頃からまとまりにくさなど、これまでになかった髪の変化を感じはじめる……。そう、これがマキアが考える“髪の曲がり角”。

「実は、髪の生成を司る毛母細胞のエイジングは20代から始まっています」(髙瀬先生)。この初期サインを見逃し、10年前と同じ感覚でヘアケアを続けていると、美髪指数は下降の一途。そもそも「髪は額縁」と言われるほど重要なものなのに、ケアの優先順位はいつも顔よりランク下では?

「髪の畑となる頭皮は、顔と同じ1枚の皮膚。もし、シミやシワといった肌トラブルがあるのなら、髪にも何らかのエイジングサインが発令されていてもおかしくありません」(草加さん)。まさにこの“頭皮”がケアのカギとなるのです。
 今日から始めるお手入れが髪未来を大きく左右! 髪の不調原因を確かめ、今やるべきヘアケアを。


【次ページをチェック!】30代で女の髪の曲がり角は2度くる!! 2度のターニングポイント、その原因を検証≫≫

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN