足首、太もも、お尻痩せに効く!ストレッチチューブ”で美脚&ヒップアップ

ボディ
いいね! 5件

美脚のために必要なのは実は足首の柔軟性。「MAQUIA」6月号の付録、ストレッチチューブを使った簡単エクササイズで美脚&ヒップアップを叶えて。

Image title

「ストレッチ中、筋肉がよろこんでる
っていう瞬間があるんです」

Image title

(右から)
モデル
泉 里香さん
奇跡のボディの陰にはただならぬ努力が。ジャンルをまたいで活躍する大人気モデル。1st写真集『Rika! 』が発売。

パーソナルトレーナー
武田敏希さん

e-stretch代表。爽やかな容姿とマニアックな筋肉知識で人気。ストレッチを土台としたメニューで、しなやかでメリハリの利いた体作りをサポート。


Image title

Image title

持ち手の部分を合わせてカチッと固定できるから持ち運びもコンパクト。サークル型にしてストレッチすることも可能。

1冊に1個ついています
※ワンコイン版にはつきません。
ストッキングやタオルなどでも代用できます。

Image title

ベースさえ整えれば、
理想の体をデザインできる

武田 里香ちゃんは「ここは出したい、ここは落としたい」という目標が明確で、メニューを組みやすい。ゴールが明確なのは大事!
里香 今も「腹筋の2〜3段目のラインを出したい」とか、写真集や携帯の画像を見せて、かなり具体的にリクエストしてるもんね。
武田 最近では、ヒップを鍛えるために60キロのウエイトを使ったり。絶対に途中でやめない意志の強さは本当にスゴい。そんな筋トレが効かせたいところに届くのは、柔軟性がしっかりあるからこそ。
里香 ストレッチをきちんとやってベースを作れば、体は彫刻のようにデザインできる。私は土台を作るまでが大変だったなぁ〜。
武田 このチューブなら、ビギナーでも簡単に土台を鍛えられるね。


ストレッチで
体の土台をまず作ろう

Image title

「パフォーマンスピラミッドの土台はストレッチ。痩せたい時“まず筋トレ”と考える人が多いですが、柔軟性がなく本来の7割しか動けない体を鍛えても、7割しか効きません。まずはストレッチで動ける土台を作るのが先決です」(武田さん)


柔らか足首で美脚&ヒップアップ
足首×太ももスーパーレッグ

「脚を細くしたくてスクワットを頑張って、太ももの前側がパンパンになっている人をよく見かけます。美脚のために必要なのは、実は足首の柔軟性。足首が柔らかいと、太ももの後ろの筋肉やお尻が使いやすくなり美脚とヒップアップに効果的。一見地味に見えますが、この運動はキュッとした足首とすらっとまっすぐな太ももに効果てきめん。ヒールをよく履く人にもオススメです」(武田さん)


足首柔軟度チェック!

Image title

お尻を床につけずにしゃがんだときに、かかとが浮いてしまうのは、足首が硬くなっている証拠!

足首キュッ

左右10回

1 つま先を前に倒して伸ばす

長座で片足の土踏まずにチューブを引っ掛け、つま先を前に倒す。もう片方の足は軽く曲げてOK。

2 チューブを引きつま先を寄せる

かかとを押し出すように遠ざけ、チューブを引っ張ってつま先を体に引き寄せて足首をストレッチ。

股関節の強化

左右10回

チューブを親指にかけてひざ上げ

チューブの持ち手を両足の親指にかけ、片脚立ちに。軸足と反対のひざを90度に曲げたまま引き上げる。片手を壁につくと安定しやすい。

太もも&お尻キュッ

左右10回

チューブをかけた脚を横に開く

チューブの持ち手を両足の親指にかけて立ち、軸足側の手を壁につく。チューブを伸ばしながら、片脚をサイドに向かって引き上げる。

股関節を柔らかに

10回

巡りをよくして美脚になる

チューブの持ち手をつなげて円状にして両脚を通し、ひざ上にくるようにかける。ひざを軽く曲げてチューブを引きながら、股関節を起点に外股⇔内股を繰り返す。



MAQUIA6月号

撮影/神戸健太郎(モデル) 梅村 駿(物) ヘア&メイク/KUBOKI〈Three PEACE〉 スタイリスト/黒崎 彩〈linx〉 モデル/泉 里香 滝元吏紗(マキアビューティズ) 取材・文/長田杏奈 構成/鵜飼香子(MAQUIA) 


【MAQUIA6月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN