「運動も食事制限も苦手!」なズボラ女子でもできる腹トレって?

ボディ

しばらく姿を見ないくびれに、視界を遮るぽっこりお腹……。「MAQUIA」6月号では、森拓郎先生がくびれをつくるために効果的な腹トレ術を教えます。

Image title

欲しいのは、キュッとした
くびれとぺたんこ感!

あなたがすべき
「腹トレ」100問100答 

しばらく姿を見ないくびれに、視界を遮るぽっこりお腹……。現実逃避する前に、全方位から切り込む腹トレテクに挑むべし!


食事制限より質と量の見直しを
森 拓郎先生監修

脂肪太りで
お腹ぽっこり解消

体重やBMIは平均的、顔や手脚もけっして太くないのに、実は体脂肪率の高い“かくれ肥満”タイプが、じわじわと増殖中。


Q トレーニングの成果って
どれくらいで出る?

A 運動歴によって変わります

「学生時代に運動部で筋肉をつけた人は“マッスルメモリー”が残っています。文化系の部活や帰宅部などで運動をせず、筋肉をつけるチャンスがなかった人に比べると、半分のスピードで変化を実感できるケースも。多くの場合は、2〜3カ月程度で効果を実感できるでしょう」

Q 運動も食事制限も苦手!
私にできることは?

A 呼吸法がオススメ!

「インナーマッスルを鍛えられる“ドローイン”から始めましょう。呼吸でインナーマッスルを鍛えることで、お腹がすっきりします」

1 足を軽く開き、背筋を伸ばして立つ。
2 お腹をぐっと内側へ引き込み、かかとを上げながらお腹も引き上げて10秒キープ。トイレの中や出かける前など、気づいた時にこまめに実践する習慣を。

Q ダイエットを意識した食事の、
見落としがちな危険ポイントは?

A 飲み物に気をつけて!

「じつは、もっとも脂肪になりやすいのが、吸収の早いドリンク類なんです。甘い清涼飲料水はもちろん、100%ジュースや健康飲料なども糖分たっぷりです。“何となく甘いものを飲む”習慣を変えましょう」

Q 腰をひねればくびれる?

A くびれは背中が作ります!

「残念ながら、皮下脂肪をひねったところでくびれません。背中から骨盤までつながる広背筋を鍛えることで引き締まったくびれに」

1 背中を丸め、手のひらを外に向けて両腕を伸ばす。2 手のひらが天井を向くように内側へひねりながら、ひじを思い切り引く。胸を開いてワキを締め、肩を下げて5秒キープ。10回。

Q 筋トレはお腹だけ鍛えればいい?

A NO!

「くびれを作るには、ウエストだけ鍛えてもダメ。衰えやすい内ももやお尻、下腹部をセットで鍛えることが重要です」

1 脚を肩幅より大きく開いて立ち、つま先は外側30度の方向に。

2 両手を胸の前でクロスさせ、ひざを足の小指方向に向けながら、ゆっくりお尻を落としていく。

3 ひざが内側に入らないよう意識しながら、できるところまでお尻を落とす。

4 ひざの向きをキープしたまま起き上がり、お尻を締める。出っ尻にならないようひざは軽く曲げた状態で。10回。


MAQUIA6月号

撮影/藤澤由加(モデル) ヘア&メイク/榛沢麻衣 スタイリスト/立石和代 モデル/中西麻里衣(マキアビューティズ) 取材・文/国分美由紀 構成/山下弓子(MAQUIA)


【MAQUIA6月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN