「MAQUIA」11月号では、美容ジャーナリストの齋藤 薫さんが、マキア世代におすすめの名品をセレクト。審美眼が鍛えられるようなコスメ選びのポイントを教えます。

「最短か、遠回りを楽しむか。」齋藤 薫さん流・本質を見極めたコスメの選び方_1

一生モノの審美眼を手に入れよう
美の請負人・齋藤 薫が選ぶ
新しい時代を生きるための100名品

齋藤 薫さん

美容ジャーナリスト

齋藤 薫さん

女性誌編集者を経てフリーに。数多くのメディアで連載エッセイをもつほか、美容記事の企画やアドバイザーなどとしても活躍。その的確な視点で常に美容界の潮流を捉え、力強く発信し続けている。『“一生美人”力』(朝日新聞出版)など著書も多数。

KAORU'S EYE


最短か、遠回りを楽しむか。
本質
を見極め自ら効果を「取りに行く」
最短と遠回り、この両極に隠された美容の本質。どちらの旅路も楽しめるようになったら、もうあなたは美の達人。

「使ってすぐ効く」「翌朝の肌に目を見張る」、こういう言葉に胸が高鳴るのは、即効性こそ化粧品の醍醐味であるから。たとえそう感じさせるテクノロジーの力であっても、私たちを喜ばせる能力を持ったものはそれだけで名品であると思う。“続けさせる知恵”だからだ。だからそれをニセの効果だ、見せかけだと、文句を言うとやっぱりキレイになれない気がする。「効いた」と感じた時、人は確実にキレイになっている。人と化粧品の関係はそういうもの。化粧品が伝えようとするものを敏感に感じ取ること。相手の話をよく聞くように、耳を澄ませて効き目を聞く、そういう感受性が不可欠なのだ。逆にマインドケアや香りのように“使ってすぐには効かない”スローな働きをちゃんとキレイに結びつけられるのも、そういう感受性の持ち主。音楽を聴いても絵画を見ても美しくなれる人は美しくなれるのだ。だから広告のコピー1本だって、心に響かせる能力と前向きな心さえあれば、必ずキレイになれる。もちろん最短であれ、遠回りであれ、本気で人をキレイにしようという使命感を持った化粧品でなければ意味がないが、速い、遅い、両極にある2つの時間軸で、両方の効果を感じ取れる人が、一番キレイになれる人。つまり化粧品任せにしない、効果を待つのではなく、効果を自ら取りに行く。それも化粧品を愛すればこそできること。化粧品愛のある人には、すべての化粧品が味方する。


最短でキレイが叶うコスメ

ディフェンセラ オルビス

1
オルビス
ディフェンセラ

「足のスネなどが急に滑らかに潤ってくるのは衝撃」。肌の水分を逃しにくくする、トクホのサプリメント。1.5g×30包 ¥3200

イヴ・サンローラン ピュアショット ナイトセラム

2
イヴ・サンローラン

ピュアショット ナイトセラム
「たった一晩で目を見張るような明るいキメ肌を作ってしまう快感」。角質ケアしながら肌再生する美容液。30ml ¥10500/イヴ・サンローラン・ボーテ

オバジ C25 セラム ネオ

3
オバジ
C25
セラム ネオ
「多才なビタミンCを最高濃度で。ハリとツヤは想像を遥かに超える」。ピュアビタミンC25%配合美容液。12ml ¥10000/ロート製薬

アルマード チェルラー ブリリオ

4
アルマード

チェルラー ブリリオ
「ほぼ原液の卵殻膜美容液で、アッという間にむき卵肌!」。昔から使われてきた天然の絆創膏、卵殻膜を化粧品化。15ml ¥6000

ヘレナ ルビンスタイン ラッシュ CC

5
ヘレナ ルビンスタイン

ラッシュ CC
「まつ毛美容液なのにいきなり“まつエク”のような美しい長まつ毛に」。ひと塗りでまつ毛ケアもメイク効果も叶える。¥4500

遠回りを楽しむコスメ

コスメキッチン Blessings of Gaia Spray 淡路島 〈地・お〉

6
コスメキッチン

Blessings of Gaia Spray 淡路島〈地・お〉
「ルームスプレーのように使えば心がすっと洗われる」。パワースポットのエネルギーを“注入”したミスト。50ml ¥3150/マッシュビューティーラボ

THREE バランシング SQ オイル R

7
THREE

バランシング SQ オイル R
「寝る前のお手入れに組み込んで体内時計を整えてから、お休みなさい」。心、カラダ、肌をリラックス状態に導く。30ml ¥10000

uka  ネイルオイル 5本セット

8
uka

ネイルオイル 5本セット
「“心の時間割”を爪のアロマで応援」。時間によって違う質感と香り。各5ml 5本セット ¥14000/uka Tokyo head office

to/one フラワーエッセンス “チャーム”ビューティー カクタス

9
to/one

フラワーエッセンス
“チャーム”ビューティーカクタス
「届くのは花の波動。自分らしさを取り戻すお守り」。1回3〜4滴を目安に、水やハーブティーに落として飲んで。15ml ¥3400

カネボウ N―ルージュ 114

10
カネボウ

N―ルージュ 114
「ブランドの主張『I HOPE』を心のよりどころに」。気持ちを動かす力があるパープル。¥4000/カネボウインターナショナルDiv.

Column
齋藤薫の審美眼
「今、スキンケアステップを意識して減らすことを打ち出すのはサスティナブルを本気で実践するブランド」


MAQUIA 11月号
監修・文/齋藤 薫 撮影/東 晃司 スタイリスト/郡山雅代(STASH) 取材・文/小田ユイコ 松井美千代 構成/吉田百合(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年1月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。3月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share