こんにちは! マキアブロガーのギ☆です。マキアブロガー歴13年目、今年47才になる私が、ちょっとマニアックな大人マキア向け記事を月1回お送りします。

ギ☆

トップブロガー

ギ☆

MAQUIA公式ブロガー歴13年目。メイクもスキンケアも、「自分に合うものを見極めて、楽しむ気持ちも忘れずに」がモットー。得意な美容ジャンルはネイルとエイジングケア。

5回目のテーマは【UVクリーム比較】。今回は、進化が目覚ましい「UVクリーム」を一挙8点取り上げます。



毎年各ブランドがしのぎを削って優秀なアイテムを発売。今回取り上げるのは、アリィ以外すべて2020年発売。メイク下地としても優秀なもの、紫外線だけでなくブルーライトや大気汚染からも肌を守ってくれるもの、スキンケア効果の高いもの、などなど、まさに大豊作!

【1】 アリィー エクストラUV ハイライトジェル
【2】トランシーノ 薬用ホワイトニング UVプロテクター
【3】リサージ UVプロテクターパーフェクト
【4】ラ ロッシュ ポゼ UVイデア XL プロテクショントーンアップローズ
【5】アスタリフト D-UVクリア アクアデイセラム
【6】クリニーク イーブン ベター シティ ブロック アクア ジェル 45
【7】リサージ ボーテ ブライトニングセラムUV a
【8】SHISEIDO フューチャーソリューション LX ユニバーサル ディフェンスe



この8点を各項目で比較し、総評でTPO別オススメアイテムをまとめたいと思います。(※以下、商品名を省略し、ブランド名のみで表記。)



目 次




⒈ UVクリームの基本情報

まずはUVカット効果、価格、容量など、基本情報を整理。

※価格は税込
※「-」は特に記載なし

クリニークリサージ ボーテ以外は、国内最強UVカット効果のSPF50+・PA++++。メイクアップ下地を謳うアイテムでも、今やSPF50+/PA++++が当たり前。ベースメイクの手間を増やすことなく、鉄壁のUVケアができるようになって、嬉しい限り。



価格帯は、アリィートランシーノの2000円台から、SHISEIDOの約1万円まで。多機能・高機能の商品が揃っているので、以下でご紹介する「2.使用感」「3.美容効果・機能」「4.総評」を参考に、自分に最適なUVクリームを探してみて下さい!




2. UVクリームの使用感

①テクスチャー

アリィー …ニュアンスグリーンのジェルタイプ。伸びがよく、肌なじみもまあまあ。
トランシーノ …さらっとした乳液タイプ。伸びはよいけど、ややムラになりやすいので、丁寧になじませる必要あり。
リサージ …クリーム色のジェルタイプ。伸びも肌なじみもとてもよい。
ラ ロッシュ ポゼ …ピンクのクリームタイプ。伸びも肌なじみもよい。

アスタリフト …ほんのりピンクのクリームタイプ。伸びも肌なじみもよい。
クリニーク …ピンクオレンジのジェルタイプ。伸びも肌なじみもとてもよい。
リサージ ボーテ …ジェルタイプ。伸びもよく、すぐ肌になじんで無色になるので、塗り残しがないよう注意する必要あり。
SHISEIDO …クリームタイプ。伸びも肌なじみもよい。



②塗り心地


実際に顔に塗ってみると、こんな感じ。スキンケア後、軽くティッシュオフして各アイテムを塗り、1時間ほど経過した状態です。(肌補正なし)

アリィー …パール感ツヤ感が強く、時間が経過するとテカリにも見える。
トランシーノ …セミマットな質感の白肌で、色ムラ、毛穴をしっかりカバー。
リサージ …自然にトーンアップし、ツヤツヤ。時間が経過するとテカリにも見える。
ラ ロッシュ ポゼ …血色感とみずみずしいツヤ感が続く。色ムラ、毛穴も自然にカバー。



アスタリフト …自然な血色感とみずみずしいツヤ感が続く。
クリニーク …ジェルの色味はほぼ残らないが、みずみずしいツヤ感が続く。
リサージ ボーテ …通常のスキンケア後の肌状態。
SHISEIDO …ほのかなパール感で自然にトーンアップ。適度なツヤ感が続く。



以上を、マトリックスに落とし込んでみました。



メイク下地として優秀なのは、ピンク系下地のラ ロッシュ ポゼ。次点は、同じくピンク系のアスタリフト。どちらも肌色補正をしながら、美しいツヤ感が長続き。特にラ ロッシュ ポゼは、毛穴もカバーし、肌が美しく見える理想のメイク下地です。



個人的には、肌をセミマットに整えてくれるトランシーノがお気に入り。顔全体がツヤツヤのベースメイクは、40代がやると「若々しく見せたい」という気持ちが透けて見える気がして…。いったんセミマットにしておいて、必要な箇所にツヤを足していくのが好み。



逆に全くベースメイクに影響を与えないと感じたのが、リサージ ボーテ。一見、普通にスキンケアした後と同じ状態。でもスキンケアしたての明るい肌が長続きし、元の肌がキレイになったような錯覚に陥いります。



③さっぱり⇔しっとり


塗って1時間経過したところに、刻んだティッシュをのせ、軽く吹き飛ばして確認してみました。

トランシーノは、予想通りベタつきゼロ。全くティッシュが付きませんでした。クリニークリサージ ボーテSHISEIDOはみずみずしい見た目に反し、表面はサラッ。次にベタつきが少ないのが、ラ ロッシュ ポゼアスタリフトで、触ると軽くしっとりとする感じ。最もベタつきが残るのが、アリィーリサージ。この2つは、見た目にもかなりツヤ感が強いので、UVクリームだけで過ごすには抵抗がある方もいるかも。



④こすれへの強さ


塗って1時間経過したところに、タオルで軽く押さえてみる(写真中)→指で軽くこする(写真下)ことで、確認してみました。


総合的に、圧倒的に摩擦に強い結果となったのは、トランシーノ。摩擦で落ちにくい「フリクションプルーフ」を謳うアリィーリサージは、タオルで押さえるという摩擦には、さすがの強さを発揮。ただ、表面に皮膜を作るので、ごく軽くでも指でこすると、ムラができ逆に目立ってしまうことに。SHISEIDOも同様。それほど目立たないですが、クリニークも指でこすると、皮膜がとれてポロポロ。アスタリフトリサージ ボーテは、肌への密着度が高く、摩擦にも強かったです。一番こすれに弱かったのは、ラ ロッシュ ポゼ。タオルで押さえた段階で、結構はげてしまいました。指での摩擦には、トランシーノ以外はあまり強くないようなので、塗り直しが必須。



使用感」について、「香り」「耐水性」「専用クレンジング」の項目も加えてまとめるとこんな感じ。


※「-」は特に記載なし。

3. UVクリームの美容効果・機能

今どきのUVクリームは、スキンケアコスメ並みに美容成分が充実したものも多数。今回ご紹介する8点も、各ブランドこだわりの成分が入っています。機能とともに、商品ごとの特徴をまとめてみました。

アリィー
・「ヒアルロン酸 」「コラーゲン」といった美容液成分(保湿)配合。
・ムラなく紫外線防御粉体が並ぶことで、透明感を維持しつつ高い紫外線防御効果をもつ、深層部ダメージ UVバリア技術「ADVAN」採用。
・スーパーウォータープルーフ。
・パラベンフリー、香料フリー。



トランシーノ
・美白有効成分「トラネキサム酸」うるおい成分「角質層リファイン成分」配合。
・「日中ダメージ着目成分」配合で、紫外線やPM2.5から肌を防御。 
・ウォータープルーフ。
・紫外線吸収剤フリー(ノンケミカル処方) 、アレルギーテスト済み、低刺激性、無香料、無着色。

リサージ
コラーゲンケア成分配合(保湿:水溶性コラーゲングリセリングリシンプロリンアラニン加水分解シルク) 。
・スーパーウォータープルーフ。
・アレルギーテスト済み。



ラ ロッシュ ポゼ
・エイジングケアを考えたスキンケア成分や、肌をやわらげ、肌本来のバリア機能(角層)をサポートする、「ラ ロッシュ ポゼ ターマルウォーター」(水:整肌成分)配合。
・PM2.5を含む大気中微粒子などの外的要因から肌を守る独自の「マルチプロテクションテクノロジー」を搭載。
・敏感肌用。



アスタリフト
・日中の「乾燥スパイラル」にアプローチする「スターフルーツエキス(ゴレンシ葉エキス)」に加え、「ナノアスタキサンチン」「ナノリコピン」が紫外線ダメージによる乾燥をケア。
・紫外線カット力と伸縮性を両立した紫外線防御剤「D-UVガード」を配合。
・みずみずしいつけ心地と、Deep紫外線カットを両立した新処方「モイストアップUVシールド」採用。上記うるおい成分と紫外線防御剤が均一に並ぶことで、隙間ができにくい状態に。
・紫外線に反応するUVセンサーキャップ付き。



クリニーク
・「ムラサキシキブ果実エキス」と「玉露エキス」が肌のキメを整え均一に。「ヒアルロン酸Na」配合で、潤いが持続。
・汚れた空気、花粉、ブルーライトや赤外線などにさらされた肌を保護。
・アレルギーテスト済み。香料フリー。



リサージ ボーテ
カネボウの多くの美白美容液にも含まれている美白有効成分「カモミラET」配合。
バランスクリアC配合(保湿:セイヨウニワトコエキス、チョウジ抽出液、海藻エキス-1)。 コラーゲンケア成分配合 (保湿:水溶性コラーゲン液-3、濃グリセリン、グリシン、プロリン、アラニン、水解シルク液) 。
・肌になじみやすい「ラメラマスク処方」採用。
・アレルギーテスト済み。



SHISEIDO
・美肌のための資生堂独自成分「スキンジェネセルENMEI」を配合。
・乾燥、紫外線、空気中の微粒子など、トラブルの原因となる外的環境から肌を防御。
・アレルギーテスト済み。ニキビのもとになりにくい処方。



以上を整理し、表にまとめてみました。「保湿力」は、スキンチェッカーの数値を参考に、私の主観で採点。

どれも高いUVカット効果に加え、様々な美容成分入りの多機能アイテムですが、私がオススメしたいのは、アスタリフトクリニークリサージ ボーテの3点。



最も美容効果が期待できそうと思ったのは、リサージ ボーテ。1日肌がしっとりするし、カネボウの他の美白コスメにも含まれる看板美白成分配合で、もはやスキンケアの一部として愛用。アスタリフトは、ナノアスタキサンチンなど私のお気に入りのエイジングケア成分が含まれている上に、新たにスターフルーツエキスも配合。肌への浸透を高める富士フイルム独自のナノテクノロジーで、高い保湿力にも納得。クリニークは、8点では唯一ブルーライトの防御機能があって、PCに向かう時間の長い方にオススメ。みずみずしいツヤ感が長続きするから、Zoomでの美肌見せも可能です!



4. 総評

普段のメイクに合わせたいのは…
圧倒的にラ ロッシュ ポゼ。絶妙なトーンアップ効果で、ひと塗りで気に入ってしまいました。最強UVカット効果を持ちながら、この下地効果はスゴイとしかいいようがありません。人気メイクアップアーティストさん達の支持を集めるのも納得。しかも税抜き3,400円と、コスパも最強。



おうち時間に使いたいのは…
トランシーノは、そのセミマットな質感も好みですが、美白成分「トラネキサム酸」を最初に開発した製薬会社である第一三共のUVクリームだから、UVケアをしながら美白ケアもできるのが魅力。全くベタつかないので、首・デコルテまでしっかり塗れます。とにかくスキンケアを重視したいときは、リサージ ボーテ。「ブライトニング美白美容液UV」という名の通り、美容成分がとにかく充実。これを塗っていて乾燥を感じたことは一度もなく、繰り返しますが、スキンケアの一部だと思ってます。PCに向かう時間の長いときは、やっぱりクリニーク。ブルーライトの防御機能のあるUVクリームは意外と少ないので、これは頼もしいアイテムです。



リゾート地への旅行に持って行きたいのは…
リゾート地への旅行が生きがいの私が、持って行きたいのはアリィーアスタリフト。特にお手頃価格のアリィーは、全身使える上に「スーパーウォータープルーフ」「フリクションプルーフ」で長時間UVカット効果をキープできるのが最大の魅力。アスタリフトはメイク下地としても使えて、様々なアプローチで乾燥をケアしてくれるから、旅先での肌へのダメージを最小限にしてくれそう。今年は難しそうですが、行けるようになったら是非!




【まとめ】
既に30年近くUVクリームと付き合ってきた私ですが、正直ここまでの進化をとげるとは全く予想外。高いUVカット効果を持つのはもう当たり前、それに加えて、新たな機能や美容効果、美肌見せ効果が加わったアイテムばかり。今回8点を比較しながら、感動したり納得したり頼もしく思ったり、とても楽しく記事を書くことができました。この記事が、あなたに最適なUVクリーム探しに役立つことができたら、嬉しいです!

また次回の記事もお楽しみに!



※記事内容は個人の体験に基づくものであり、すべての方への効果を保証するものではありません。

share