こんにちは! マキアブロガーのギ☆です。
マキアブロガー歴13年目、今年47才になる私が、ちょっとマニアックな大人マキア向け記事を月1回お送りします。

ギ☆

トップブロガー

ギ☆

MAQUIA公式ブロガー歴13年目。メイクもスキンケアも、「自分に合うものを見極めて、楽しむ気持ちも忘れずに」がモットー。得意な美容ジャンルはネイルとエイジングケア。

4回目のテーマは【7,000円以上 シワ改善・アイケアコスメ比較】
今回は、前回の税込7,000円未満に続き、7,000円以上の「シワ改善コスメ」「アイケアコスメ」を取り上げます。この2つは、ここ数年で最もアツい分野。特に去年は多くの新商品が発売されました。今回の4点も、マリコール以外は2019年に発売されたアイテム。



皮膚が薄く、シワのできやすい乾燥肌の私は、20代の頃からさまざまなアイクリームを使ってきました。それだけに、昨今の「シワ改善コスメ」「アイケアコスメ」の進化は肌で実感。この4つも、クオリティの高い優秀コスメです。

まずは、お値段や容量、メイン成分を比較。

※価格は税込

リサージカネボウが話題の新成分「ナイアシンアミド」を採用。(マリコールも、前面に出してはいませんが、全成分表示に記載あり。)

もともと肌あれや美白有効成分として認められていたこの成分が、2018年、シワ改善効果のある有効成分としても、厚生労働省に承認されました。その後「ナイアシンアミド」配合のシワ改善クリームが続々発売。7000円以下のアイテムでご紹介したオルビス リンクルホワイトエッセンスDEW リンクルスマッシュにもこの成分が配合されており、それぞれシワケアに役立ってくれました。



続いて商品別に、以下の4項目を私の独断で忖度なしに評価。


【使い心地】…肌なじみ、のびのよさ、香り、浸透度(使用後のベタつき有無)など
【成分魅力度】独自性、コンセプト訴求力、充実具合、刺激可能成分の有無など
【美容効果】保水力、保湿力、シワ改善効果、ハリ・弾力アップ効果など
【コストパフォーマンス】価格に対する価値・効果の大きさ

【美容効果】については、私個人の主観に加え、スキンチェッカーで「直後」「数時間後」「メイク落とし前」と「翌朝」の肌の水分量を計測。この数値も参考にしました。




【1】リサージ リンクルシューター


>>>予算1万円でシワ改善クリームを選ぶならコレ!

<メーカー推奨の使い方>
朝と夜、お手入れの一番最後に、目もと・口もと・額などシワの気になる部分に適量をなじませてください。目尻は、丁寧に数回引き上げるようになじませます。



成分魅力度
アレルギーテスト済み

==============================
<美容成分>
シワ改善成分:ナイアシンアミド
コラーゲンケア成分:水溶性コラーゲン液-3、濃グリセリン、 グリシン、プロリン、アラニン、水解シルク液
保湿成分:HAモイスチャーリフト(ワレモコウエキス、メチルセリン(N-メチル-L-セリン))
==============================

有効成分「ナイアシンアミド」が表皮だけでなく、真皮へもアプローチし、シワを改善。リサージ独自開発の「コラーゲンケア成分」と、DEW リンクルスマッシュにも採用されていたKANEBO独自開発の「HAモイスチャーリフト」も同時配合。



【使い心地&美容効果】
片方の目もとで直径5mm位(約0.05g)が目安。

天然精油配合のリラックス感のある香り。コクのあるテクスチャーで、ピタッと肌に密着してくれます。

期待通りの高い保湿力で、乾燥ジワもしっかりケア。そしてこのアイクリームは、目尻へのアプローチが特徴的。数週間で、深くなりつつあった両目尻のシワや長年気になっていた左目尻下のシワが、かなり目立たなくなってきました! いろいろなアイクリームを使ってきた中で、私のシワと相性がいいのは、やっぱり「ナイアシンアミド」。最後に使ったこのリサージ リンクルシューターが、とどめを刺してくれたのかも。



以上をまとめますと、


【使い心地】  ★★★★☆
【成分魅力度】 ★★★★★
【美容効果】  ★★★★★
【コストパフォーマンス】★★★★★


1万円以内のアイクリームではピカイチ。この予算内でシワを何とかしたいという方にイチオシです。




【2】マリコール ヌーヴェル ジュネス ダブル ユー


>>>ムクミも気分もすっきり!? 朝使用に最適なアイテム。

<メーカー推奨の使い方>
朝晩、洗顔後、ローションで肌を整えた後、まぶた、目じり、目の下、眉間に適量をなじませます。



成分魅力度
刺激可能成分の不使用・無配合の記載は特になし。

==============================
<美容成分>
シワ改善成分:マルチセルラー コンプレックス
フリーラジカル保護成分:加水分解DNA
保湿成分:ヒアルロン酸、マンゴーバター
==============================

ヌーヴェル ジュネス ダブルの共通成分「マルチセルラー コンプレックス」は、細胞の再生と保護を助けてくれる成分。「加水分解DNA」は、フリーラジカルから細胞のDNAを保護します。メイン成分ではありませんが、「ナイアシンアミド」も配合。



【使い心地&美容効果】
使用量の目安についての説明はありませんが、ワンプッシュがこの量。

結構たっぷり。あっさり軽いテクスチャーで、目の周りと眉間だけでなく、額まで塗り広げることができます。ライトリフレクティングパウダーパール ピグメントが入っていて、丁寧になじませないと若干ムラに。でもなじむと、アイクリームには珍しくサラッとした肌触りに落ち着き、ほんのりトーンアップ。

保湿力は正直物足りない気がするものの、意外と乾燥ジワは予防できました。ただ(1ヵ月の使用では)できてしまったシワへの効果は、それほど実感できず。使用感は、今回ご紹介したアイテムの中で一番好きです。塗った後、目元に心地よい清涼感が残って、ベタツキはゼロ。軽くマッサージしながらなじませると、むくんだ目元もシャキッと引き締まってくれる気が。朝使用に最適です!



以上をまとめますと、


【使い心地】  ★★★★★
【成分魅力度】 ★★★★☆
【美容効果】  ★★★☆☆
【コストパフォーマンス】★★★☆☆


少し辛めの評価ですが、朝使用には最適。シワへの効果も、もっと長期の使用なら実感できたのかも。




【3】エピステーム アイパーフェクトショットa


>>>アラフォー以上の目元のトータルケアにはコレ!

<メーカー推奨の使い方>
朝と夜、お手入れの一番最後に、目もと・口もと・額などシワの気になる部分に適量をなじませてください。



成分魅力度
刺激可能成分の不使用・無配合の記載は特になし。

==============================
<美容成分>
保湿成分:パワライズアイコンプレックス(イロハモミジ葉エキス・アセンヤクエキス)、シナジーリフトコンプレックス(アイ葉/茎エキス、キハダ樹皮エキス)、コラーゲンXP(加水分解ダイズタンパク・加水分解コラーゲン・アッケシソウエキス)、AGディープクリアコンプレックス(ウメ果実エキス・エーデルワイスエキス)
==============================

上まぶたにアプローチする「パワライズアイコンプレックス」、下まぶたにアプローチする「シナジーリフトコンプレックス」配合。さらに、ロート製薬オリジナルの、成分を高浸透させる特許技術「高浸透技術ディープターゲットデリバリー処方」を新たに採用。



【使い心地&美容効果】
使用量の目安は、小さなパール粒(直径約5mm)。

コクのあるリッチなテクスチャー。一番肌にとどまる感じで、私は朝の使用量をやや控えめにしていました。

目薬で有名なロート製薬の360°全方位ケアアイクリーム”だけあって、目元をトータルケア。ここ数年の私は、目元のハリ対策はロート製薬のアイクリームと決めています。リニューアル前のアイパーフェクトショットオバジも愛用。私の場合、アイパーフェクトショットaは年齢の出やすい上まぶたにアプローチしてくれました。二重の幅が広くなり、ラインも曖昧になってきたのが、これを使い出して2,3年前の目に戻ったような気分に。さらに、乾燥ジワのできやすい左目尻下の肌にも、ふっくらとしたハリを取り戻せた気がしています。結果、シワの存在も気にならないほどに。



以上をまとめますと、


【使い心地】  ★★★★☆
【成分魅力度】 ★★★★★
【美容効果】  ★★★★★
【コストパフォーマンス】★★★★☆


アラフォー以上で、目元の複合的なお悩みをお持ちの方に是非お試しいただきたい!




【4】カネボウ リンクル リフト セラム 


>>>予算2万円でシワ改善クリームを選ぶならコレ!

<ブランド推奨の使い方>
朝と夜、お手入れの一番最後(朝は日やけ止めや化粧下地の前)に、目もと・口もと・額などシワの気になる部分に適量をなじませてください。



成分魅力度
刺激可能成分の不使用・無配合の記載は特になし。

==============================
<美容成分>
シワ改善成分:ナイアシンアミド
保湿成分:HAモイスチャーリフト成分(N-メチル-L-セリン、ワレモコウエキス)、コメヌカエキス、ゼニアオイ花エキス(ゼニアオイエキス)、月桃葉エキス、甜茶エキス、ヒメフウロエキス、ビターオレンジ果皮エキス(トウヒエキス)、アルテア根エキス(アルテアエキス)
==============================

こちらも「ナイアシンアミド」がメイン成分。保湿成分の「HAモイスチャーリフト成分」は「ナイアシンアミド」とともに、DEW リンクルスマッシュリサージ リンクルシューターにも配合。その他の自然由来成分と合わせた「ボタニカルコンプレックスWL」がカネボウ リンクル リフト セラムの特徴成分になっています。



【使い心地&美容効果】
片方の目もと直径5mm(約0.05mL)が目安。

リアルなフローラルの香りは、優雅で華やか。

濃密テクスチャーと思いきや、肌にのばすととろけるようになじみます。これが、カネボウならではのベビーソフトオイル処方。赤ちゃんの未成熟な肌を優しく包むクリーム状の物質「胎脂」に着想を得た、独自開発のクリーム処方。他のこってり系のアイクリームと比較しても、目の周りの肌状態のよさが数値で確認できました。

カネボウ リンクル リフト セラムは、私が初めて使った「ナイアシンアミド」配合コスメで、この成分にハマるきっかけにもなったアイクリーム。とはいえ、まず実感したのは、目元のシワより額のシワの変化。40代半ばになって定着しつつあったのが、少なくとも無表情のときは目立ちにくくなりました。(念入りにケアしすぎたのか、私の場合、眉毛の上辺りにブツブツができてしまったので、ちょっと量を加減しましたが。)

さすが、MAQUIAベストコスメ2019下半期【シワケア部門】1位受賞アイテム。



以上をまとめますと、


【使い心地】  ★★★★★
【成分魅力度】 ★★★★★
【美容効果】  ★★★★★
【コストパフォーマンス】★★★★☆


ベストコスメの貫禄すら感じられるアイテム。2万円以内で探すならコレに決まり!




【まとめ】
アイケア・シワケア歴がもはや20年近い私。もともと乾燥ジワのできやすかった左目尻下だけでなく、両方の目尻、眉間、おでこ、法令線と、気付けば多岐にわたるケアが必要に。それが半年前に出会った美容成分のおかげで、かなりマシになった気がし、改めてスキンケアコスメの可能性を実感できました。この記事が、あなたのアイケア・シワケアのモチベーションアップにつながったら嬉しいです!

また次回の記事もお楽しみに!



※記事内容は個人の体験に基づくものであり、すべての方への効果を保証するものではありません。

share