下地の前に一手間で肌のツヤ感&透明感が劇的アップのバーム→ハーブファマーマシー「マロービューティバーム」50年以上化学肥料を不使用、自社農園で正真正銘のオーガニックコスメ

スキンケア
いいね! 8件

Image title「今日ね、お肌つやっつやだなって見てたんだあ!」と友人と食事の帰りに交わした会話☆

下地を塗る前に 薄めに塗るとツヤ感と透明感がとっても出る、素晴らしいバームをご紹介しますね!

スキンケアとして夜にたっぷり、朝はメイク効果を狙って薄〜く♡


Image title



緑のお薬と言われているハーブファーマシーのバームです。

治療用として使えるほど高品質なオーガニックハーブを使用したスキンケアでリピートしている愛用ブランドです。

乳化剤や増粘剤などを使わず、いわば植物の薬箱とも言われるほど、フィトケミカルを多く含む有効成分のかたまりのバームがすごい。こんなにも効き目を感じるオーガニックコスメがあったとは。

50年以上化学肥料を不使用 自社農園→製造→ボトリング 正真正銘のオーガニックコスメ。

ハーブファーマシー創始者であり、植物学博士でもあるポール・リチャーズ氏は、土壌作りにこだわり、植物から最高のフィトケミカル(植物化学成分)を抽出すべく研究に専念しました。

またポール・リチャーズ氏は土壌作りにこだわり、栽培から採取、処方づくり、成分の抽出、ボトリングまで一貫し、製品作りに取り組んでいるそうです。


ハーブファーマシーのバームは乳化剤や増粘剤などを使わず、いわば植物の薬箱とも言われるほど、フィトケミカルを多く含む有効成分のかたまり。逆に言えば、植物が素晴らしくなければ、作れないのです。


一般的なバームの基材はミツロウやシアバターをベースとして、その中へエキスや精油を配合し作りますが、ハーブファーマシーのバームは基材からして異なります。

それは、浸出油(インフューズドオイル)と呼ばれるもので出来ているのです。

※浸出油とは:植物油にハーブ付け込み沁み出たエキスのことです。

ハーブのエキスが溢れ出たオイルが固まる分だけの、ほんの少量の、ミツロウやシアバターでバームの形状にします。

使い始める時は、スパチュラで全体をかき混ぜるのですがとろとろ感になりとても塗りやすくなります。


下地を塗る前に 薄めに塗るとツヤ感と透明感がとっても出ます。

くるくるかきまぜてとろとろになったら少量をおでこ以外に。

要注意は塗りすぎない☆

メイク前は スキンケアとして塗るというよりはメイク効果、視覚効果のみ、

極力薄く、うす〜く........

おでこにつきますと前髪がぺったんとなったりしてしまいます。

→ おでこも塗って前髪がぺったりおでこにはりついて失敗したことがあります。

それほど保湿力高っ!

Image title

さあ、実験でその効果をご紹介しましょう。

バームを薄く塗ってこの下地とファンデを塗りますね。

Image title


赤い線の左がバームを薄く塗ってから下地とファンデーションを塗ったほうで

右が、下地とファンデーションのみの肌です。


← 左半分 バームを薄く塗布 

Image title


透明感とツヤ感が自然に出ていますよね!

見た目のツヤと透明感だけではなく、保湿もしっかりされているので一日しっとり肌。

冬の乾燥の季節に嬉しい小技です☆


夕方でもこんな感じ、つやと透明感が持続。

補正、アプリ使用なしです。→しみはっきり写ってすみません^-^;

Image title


ハーブファーマシーの製品は全てソイルアソシエーションの認証を取得。

ソイルアソシエーションとは、イギリスのオーガニック認証機関。

1946年「健康な土壌が健康な植物を育み、それが健康な体を生んでいく」という基本理念をもとに英国土壌協会として設立。本部は、英国のブリストル。設立から60年を超えた今、イギリスのオーガニック製品の約80%がソイル・アソシエーションの認定を受けています。ECの一般的なオーガニック基準よりも項目が細かく、多岐にわたっていて、1つ1つの項目自体も厳しく、審査が厳しい事でも有名な団体です。

良い香りがしそうですね〜 このバームの工場.......


11種類ある中で売れ筋ナンバーワンはマロービューティバームだそうです。

イランイラン&グレープフルーツの香りです。

乾燥肌ならすべての方向けでしわ、たるみ、でお悩みの方にも向いているそうですよ。

本当に効くオーガニックコスメ、お勧めです☆

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN