気に入り過ぎてこんなに買いました♡オーガニックパフュームコスメブランド「Hiroko.K」ジョエルロブションやマンダリンオリエンタルホテルのお部屋の香りのプロデュースもこの方が....

フレグランス
いいね! 1件

「この香りには一生私のそばにいて欲しい。」直感で思いました。

あまりこんなことないですね...

こんなにもいとおしく心地良い香りがあったかどうか。

幾つを嗅いでも気持ち悪くならない、鼻につかない、その逆でこの香りがある空間であれば何回でも深呼吸をしたくなります。

オーガニックパフュームの心地良さは瞬時に体が判断するんですね。

幾つかの香りを重ねて試してもいやな感じが出ません。

花の香りを嗅ぐように、海辺や森林に立って何回も深呼吸したくなるようなそんな気分になれるオーガニックパフュームたち。

Image title

この日はMAQUIAエキスパートのmacleちゃんにお誘いして頂いてHiroko.Kさんのセミナーに参加させていただく幸運な日でした。

場所は表参道ヒルズの裏、新潟館を右手に見ながら通りすぐ手右に曲がってすぐの所。

Image title

ここから階段を上がって入ります。

Image title

美術館のように美しくフレグランスとスキンケアやボディケアアイテムが陳列してあります。

飾ってあるだけではなく、これらをお試しできるんですよ。

Image title

セミナーでHiroko.Kさんが話してくださったこと、印象に残り心に響いたところをご紹介させていただきます。

二時間のお話を全て書きたい、皆様にも伝えたい。

この方の情熱と誠実さと真剣さ、正直さがHIroko.Kさんの生き方そのものがこうして形になっているんだと感動して拝聴。


「Hiroko.Kさんがその香りの元となる花が育っている場所から選定、

花の摘み取りから工場で香りとして仕上がるまで立ち会っている事実を知る。」

フランスを本部とする世界最大規模の国際オーガニック(有機)認証機関ECOCERTの厳しい基準に準じて開発生産
一切の石油系合成成分を含んでいないピュアな植物性成分でできています。


「Hiroko.Kの香りはピラミッド型に表現される香りではない。」

ピラミッド型に最初につけた香り、最後に残る香りといった表現ではなくHiroko.Kの香りは並列に残り、どの香りが残る、どれかだけが香るというものでもない。


「Hiroko.Kの香りの特徴はつけたての時の香りと肌に残った香りとが同じ香りであること。」

気に入って買った香水が自宅に戻ったり、暫く時間が経ってから違う香りになってしまって

つけ足したら何だか気に入らない香りになってしまった経験がある人も多いはず。

それがないから一日つけたして存分に心地良く自分が気に入って選んだ香りと過ごせる確約。

Hirokoさんは音階を引用して香りを表現してくださいました。

♩ドレミファソラシド

低いには シダーウッド、パチュリ、サンダルウッドなど。

あたりに、ラベンダ−、高いにはライム、ユーカリなど

音楽を奏でるかのようにHirokoさんが香りを作曲し奏でる、それがHiroko.Kのオーガニックパフューム。

そのお話を聞いているときにピアノの鍵盤を両手で音楽を奏でるシーンが浮かびました。


「日本人が香水をくさい、気持ち悪いからつけないという人が多いのもそれも日本人の正しい感覚・感性だったりする。

それは品質の良くない臭く漂ってしまう香水にしか出逢っていなかったから。」

Hiroko.Kの香水は殺菌効果もある、汗をかくところにつけても臭さとならない。(shino体験済み。今日暑い時間に体感しました。)

オーガニックパフュームはつけていて安心。

化学物質だらけの香水をつけ続けて行くと化学物質が体に吸収され続けて行く心配があるがそれがない。


ここでセミナー中に実験。

「Hiroko.Kの香水をムエット(紙)につけて嗅ぐ。 肌につけて嗅ぐ。

どう違うか。同じか。」

みなさん、どう思いますか?クイズです。

セミナー聴講者全員で試したのですが、結果は「断然肌の上の方が香る。」

香りも生きている、私達も生きている生き物だから....が答え。

不思議ですね、紙の上ではすごく香りが弱いんです。


香りを楽しみながらのセミナーで私はこの香りが一番気に入りました。

これはマンダリンオリエンタルホテルのフレグランスとしてもホテルで販売されています。

イノセント ユース
Innocent YOUTH~無邪気な青春~

ラベンダー畑で無邪気に遊ぶ南仏の子供たち。

元気いっぱいで、ただただ幸せな幼い頃の記憶が蘇る、温もりと懐かしさを含んだラベンダーの香りです。
原材料の100%はオーガニック原料
Image title

もう一つ購入したのはこちら。

ローズ マイセルフ

Rose MYSELF~あなた自身が薔薇になる~
ピンクのローズの贅沢なブーケに顔を埋めたときのように、ハッピーな気分を呼び起こします。

あなた自身が薔薇になる、そんな体験ができる香り。
・原材料の100%はオーガニック原料
Image title

レジにて撮影^-^

ボトルフレグランスの他に隣りにあるのはロールオンタイプ。

2015年最大の爆買です。外国人観光客さんのコスメお買いものに負けませんよ!!ww..


他にも魅力的な香りがありました。全部揃えたいくらい心地良い香り。

どの名前も素敵ですよね!

世界各国での経験がおありになるHirokoさんがお選びになった厳選素材から出来た香りたち。

セミナーでは謙遜なされてこちらにはあまり触れませんでしたが世界の名だたる機関・企業でのご経験がおありのお方なのですね。

グローバルで香りの経験をこんなにお持ちの方はそうはおられません。

http://shophiroko-k.com/#!/about


ラブ スペル
Love SPELL~恋のまじない~

上品でありながら、どこか魅惑的イランイラン。

スピリット オブ ウッド

Spirit of WOOD~木々の精霊~
樹皮の香りのなかに、青々とした葉が陽射しを浴び、風によそぎます。森林の中で深呼吸し、慌ただしい日常からエスケープしてください。

ピュア マインド

Pure MIND~純粋な心~
ビターオレンジの白い花・ネロリは、初恋のように可憐な純粋さを引き出します。気持ちを偽ることなく素直に愛情を注ぎたくなるフレッシュな香り

この香りは田丸麻紀さんが愛用の香りだそうです。

Image title

とにかくこの香りをつけて深呼吸してもらって良さを体感してほしいの一言。

昨日買ってアトマイザーにまだ移していないのですがあまりに持ち歩きたすぎて今日はこの大きなボトルごと仕事へ持参。

職場で二人に試してもらいました。二人のうち一人はすごく気に入りその場でiPhoneで撮影していましたよ、心地良すぎる・。・この香り..と。

夜枕元に置く幸せ。

お気に入りのアロマオイルの香りのボトルをあけてクンクンしなくてもあの本物の香りが手軽にシュッ!!で広がる至福感はたまりません。

書き忘れていました、、最後にご紹介したいのはこのロールオンタイプの製品の入っているソフトケースにもHirokoさんの細やかな気配りが・。・


ロールオンタイプのオイルのガラスケース、持ち歩きで転がったり落としてしまったりぶつけたりなど衝撃で割れてしまわないように軽いソフトケースに入っています。他社のロールオン、割ったことあります、ハイ。

「落として怪我したりしないように♡例え割れてしまってもケースの中だったら破片は中に留まりますしね。」

とケースを見つける笑顔のHirokoさんが印象的でした。

一番左がガラスケース

Image title


一人でも多くの方にこの素晴らしい作品を体感してもらいたいです。

私はボトルを持ち歩きます!


Hiroko.K
http://www.hiroko-k.com/

Numero「Hiroko.Kのビューティノート」
http://numero.jp/beauty_note01/

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN