HAKUの進化が止まらない!なんとシミを全方位攻撃!【ベストコスメ2016上半期美白部門 第1位】

スキンケア
いいね! 4件

やっぱシミにはこれだわ。

Image title

HAKU メラノフォーカス3D 45g 10,800円(込)


ガン焼きした若気の至りで、20代後半からシミが出現、以来15年間スポッツケアを続けてきた私が断言致します。

シミ対策と目元のシワ対策には、お金に糸目をつけない私が断言致します。


というワケで、HAKUはリニューアル前からずっとリピート。

メラノフォーカス3Dのレフィルは、メラノフォーカスCRの本体にそのままセッティングできるらしいですが、せっかくなので(?)本体を購入。
Image title

つるんとモダンなボトルになりました。


テクスチャーは変わりませんね。

Image title

もったり固めのクリームタイプなので、シミを1点攻撃することができます。

(だが、この1点攻撃に問題が。。。後述します。)


美白有効成分は、すばやく浸透する「m-トラネキサム酸」とじっくり効く「4MSK」。

ともに資生堂が独自開発した成分ですが、長年の研究でーイオンを持つ「4MSK」と+イオンを持つ「m-トラネキサム酸」を組み合わせることで、肌への浸透力が高まることを発見したそう。

で、肌の奥深くで生成される「アンダーメラニン」に効いてくれるワケです。


アンダーシールダー」は、シミの発生を抑制する、表皮と真皮の間で壁の役割を果たす「基底膜」に有効な成分。

「基底膜」を構成する成分の減少を抑制したり、「基底膜」の産生を促進する成分でできています。


で、更に新しいHAKUは、3Dターゲティング処方を採用。

Image title

これまで平面でしか解析できなかったシミのある肌のメラニン分布を、初めて立体的に解析することに成功。

メラニンは、皮膚の表面~中部では拡散して点在深部では固まって密集していることが分かったそう。

そのデータから開発した処方で、メラニンの生成ルートをあらゆる方向から狙い撃ち!

更に頼もしくなりました。


もちろんベストコスメも受賞してます。

MAQUIA ベストコスメ2016上半期 美白部門 第1位

美白・UVグランプリ2016 ベストコスメ美白テクノロジー部門 第1位


これの前に使ってたアスタリフト ホワイト エッセンスインフィルトを使い始めた時点で、頬だけでなく、フェイスラインにかけても、うっすらシミが出現していることに気付いた私。(かなり愕然。。てかマヌケ。。)

そこで初めて使用範囲を頬からフェイスラインにかけてに広げました。


エッセンス インフィルトの使用中は、効果は???でしたが、HAKUに乗り換えて2週間、フェイスライン近辺のシミが薄くなっていることを発見!

多分両方のアイテムの効果だと思います。

今までも、HAKUの前にずっとシミ対策コスメを使い続けてて、HAKUに切り替えたところで効果を実感!というのがパターンだったので。

(ちなみに私の友人からも、美容皮膚科でレーザーを当ててかえって濃くなったシミにHAKUを使ったら薄くなったという報告を受けています。)


先日ポーラの肌診断で「潜在シミ多い」という診断を受けた私(顕在シミも多い)なので、ライン使いしてみたい。

Image title


Web限定、夏限定のHAKU メラノクール ホワイトソリッド も、発売中です!

Image title


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN