唇を●●するのは絶対NG!あなたのリップクリームの塗り方、荒れを増長させてるかも!?

スキンケア
いいね! 4件

この冬の唇の荒れは史上最強で、何度も流血。

美容ブロガーにあるまじき状態を救ってくれたのは、このリップ。

そして、その塗り方。

Image title

メンターム ワセリンリップ 10g オープン価格


無香料・無着色・低刺激な白色ワセリン。


黄色ワセリンのヴァセリン オリジナル ピュアスキンジェリーは、長年愛用。

でもジャータイプなので、スパチュラが必要だし、酸化(劣化)も早そうなのが弱点なんですよね。

Image title


メンタームのワセリンリップは、斜めカットのチューブタイプで、便利だし衛生的。

Image title


さらっとベタつかないし、テカテカ光らないので、後のリップメイクの邪魔になりません。

黄色ワセリンより柔らかくて、肌になじみやすいのも特徴。

それでいて、肌表面に長くとどまって、長くフタ的役割を果たしてくれます。

Image title


そして意外と重要なのが、リップクリームやリップバームの塗り方!

特にテクスチャーが硬いと、どうしても唇をこすり合わせてしまうのですが、これ、絶対NGだそう。

私なんてグリグリにこすり合わせてました。

(美容関係者の方に厳重注意されました。)


昔テレビ(確かヒル★ンデス)で、「リップクリームは縦方向に塗って、指でくるくるマッサージしながらなじませるとよい」と言っていたのでやってみたら、これが効果テキメン。

劇的に荒れが改善し、感動したものです。

それなのに、今年はそれでも荒れてしまって、荒れるからこそ、グリグリにこすり合わせてしっかり塗ってやろうとしていたのですが、それが思いっきり逆効果だったもよう。


白色ワセリンを使い出したと同時に、塗り方にも気を付けるようになって、無事通常レベルに回復!

Image title


こないだ購入したベアミネラルジェン ヌード ラディエント リップスティック ストリップも、唇が荒れていると絶対ムリなヌードカラーなので、本当によかったです☆(→この記事

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN