なかなかとれない寝あと、実は○○のせい!解決策はアスタリフトの新成分!

スキンケア
いいね! 4件

〔PR〕

平均37.9歳から気になりだす、寝あとライン

はい、私もうっかり付けてしまった日には、朝から絶望的な気分になります。

Image title

頬杖以外、全部身に覚えあり。


これらの原因に、○○が関与してたなんて!

アスタリフトのセミナーでその衝撃の事実を学んできました!

Image title


まずは恒例、アスタリフト ドリンク ピュアコラーゲン10000による乾杯!

Image title


そう、もはや私の中でコラーゲン研究の権威といえば、富士フイルム

その富士フイルムの研究で明らかになった衝撃の事実がこれ!

Image title

コラーゲンは、加齢や紫外線によって劣化していくということ!


そして、この劣化したコラーゲン(=「ダメージコラーゲン」)は肌の奥深くに蓄積され、新しいコラーゲンが作られるのを邪魔しているということ!


美肌の味方だとばかり思っていたコラーゲンが、美肌の大敵になることもあるなんて、衝・撃・的


この美肌の大敵「ダメージコラーゲン」通称「ダメコラ」を取り込む形で分解してくれるのが、コラーゲン再生工場である「線維芽細胞」です。

一見おどろおどろしい動画でしたが、お肌の自浄作用ともいうべき、とっても大切な働き!

Image title


このコラーゲン再生工場に「ダメコラ」を集めてくるのが「ダメージコラーゲンバキューム」こと「タンパク質Endo180」。

ですが、残念ながら、私の肌の「ダメージコラーゲンバキューム」は相当パワーダウンしているものと思われます。。

なぜならこのバキュームさん、加齢や紫外線ダメージで減少してしまうものだから。


でも、エイジングケア世代の皆さん、安心して下さい!

ダメージコラーゲンバキューム」は、「レチノール誘導体(ビタミンA)」と「コラーゲンペプチド」により増加させることができるんです!

Image title

レチノール誘導体」と「アスタキサンチン」を組み合わせてナノ化した成分が「ナノビタミンAx」。

そこに「コラーゲンペプチド」も配合したのが、新開発の独自成分「CLリフレッシャー」!


課題だったのは「レチノール誘導体」も「アスタキサンチン」も、

・水に溶けにくく、化粧水に配合することが困難。

・デリケートな成分で、同時に安定的に配合することが困難。


そこで登場するのが、富士フイルムの独自のナノテクノロジー

これ本当にスゴイ!!!

Image title

向かって左がナノ化されていない状態、右がナノ化されている状態。

見てください、この透明度の違い!

なにしろ牛乳まで、味、香り、成分を変えずにナノ化して、透明にしてしまえるくらいの技術ですから!(→こちらの記事


この技術により誕生した「CLリフレッシャー」の各成分が、「ダメコラ」を

 ナノアスタキサンチン →→→作らせない!

 ナノビタミンA →→→取り除く!

 コラーゲンペプチド →→→取り除く!を加速!

のトリプルアプローチ。コラーゲン再生のサイクルを正常化してくれます。

Image title


さて、コラーゲンの真実も衝撃的でしたが、個人的には「CLリフレッシャー」が配合されたモイストローションの使用感にも衝撃を受けました。

Image title

従来比数倍、サラッとした使い心地に変わってる!!

アスタリフトのローションといえば、保湿力は高いものの、その分ベタつきが気になることも。それが完全に解消されているんです!

肌になじませると、まさに内から潤ってくるようなみずみずしさを実感!


もちろん、

ダマスクローズの優雅な香りと、

容器にまで至る、マジメな製品作りの姿勢はそのまま。

Image title


寝あとが気になるお年頃のあなた(と私)、アスタリフトモイストローションがあれば、、、


サヨナラ! ダメージコラーゲン!

こんにちは! ハリ・弾力!


Image title


最後に、憧れのMAQUIA湯田編集長、アスタリフトPR武田さん、ごんちゃんと☆

Image title


商品について詳しくはこちら>>>

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN