人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

シャネルでつくる☆真夏のクールアイ!

メイクアップ

まだありました~。”ブルー リズム ドゥ シャネル” レ キャトル オンブル #244 ティセ ジャズ

(※7/23時点 大丸梅田店。うめはんは売り切れてました。)

Image title

シャネル

レ キャトル オンブル #244 ティセ ジャズ 6900円(抜)

リンニュ グラフィック ドゥ シャネル #60 ドリームブルー 4200円(抜)

イリュージョン ドンブル ヴェルヴェット #98 メロディー 3800円(抜)


ということで、3点購入。

(ホントは、オンブル エサンシエル #116スィル サンティヤン ジャジー ブルーが欲しかったのだけど、前者は入荷待ち、後者は完売でした~。)


ティセ ジャズを買うつもりはなかったのですが、実物を見てやっぱり美しくて。。。

Image title


ネイビーはまだしも、ブルーは正直苦手。ガッツリくすむ。。

でも見た目の美しさから、タッチアップせざるを得ませんでした。

で、まんまと使っていただいたものをガッツリ購入。。


Image title


メイクレシピは、パレット別にリーフにばっちり!

私もほぼティセ ジャズ用のレシピ通りにメイクしていただきました。


まずは、イリュージョン ドンブル ヴェルヴェット #98 メロディーを下地代わりに目の周りに塗り込みます。

(こちらのレポートはまた別途。)


Image title

は、かなりサイバーなホワイト。眉下にもがっつり塗られてますが、セルフメイクのときはちょっと控えたい。

は、ほんのりグリーンがかった明るいブルー。でも、ラメ感はなく結構落ち着いた発色。

は、マットなネイビー。こちらも思ったより控えめな発色。重くならないカラー。

は、マットなブラック。それ以上でも以下でもありません。笑


BとCは、意外と落ち着いた発色でした。

それは、ルナソル オーシャンシーンアイズ 03 Vivid Oceanの類似カラーと比較するとよくわかります。

Image title


ルナソルはラメたっぷり、ギラギラ感あり。ネイビーもだいぶ濃いですね。

(ちなみに、ルナソルのこの淡いブルーは、付けているうちに色が飛んでしまうのですが、シャネルの方は大丈夫でした~。)


アイラインは、リンニュ グラフィック ドゥ シャネル

フィルムタイプで、お湯で簡単オフのリキッドアイライナー。


Image title


パープルがかった明るいブルー。

ブラックやネイビーのアイラインより、ぐんと軽さが出ます!


Image title

 ↑↑自然光↑↑


 ↓↓蛍光灯↓↓

Image title

マスカラ: ル ヴォリューム ドゥ シャネル #70 ブルー ナイト

チーク: ジュ コントゥラスト #72 ローズ イニシアル

グロス: グロス ヴォリューム


グロスは透明。

もともと付けていたスックのクリーミィ グロウ リップスティック モイストに重ねていただきました。

美容効果が高く、時間が経つと唇の色が明るくなって、クスミが抜けていきます!(これも危うく買うところでした。)


実は、タッチアップの際「しっかり」と「ナチュラル」どちらがいいか聞かれまして、迷わず「ナチュラル」と返答。

のはずが、どうみてもガッツリです。

私のような目元のクスミが激しいタイプは、「ナチュラル」で中途半端にブルーを載せると、クスミが助長されてしまうからだそう。(ごく自然に方向転換されちゃいました。)


というわけで、目周りのメイク直しも念入りに。


そのとき使って下さったのは、ヴィタルミエール ルース パウダー ファンデーション

すごいですね。あの魅惑のブラシでたっぷり塗り込んで、元のクスミ肌を跡形もなく消し去って下さいました。てことは、ひび割れるんだろうな~(アラフォー肌の悲しき宿命)と思ったのに、なんと乾燥ジワ知らず!(これも危うく買うところでした。)


キッカのファンデセミナーで、”晒す勇気”が出たといいましたが、ブルーアイメイクだけは、やっぱりガッツリ作り込まないと、と実感した次第です☆

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN