この秋、メイクの主役はアイメイク&リップ。主役を引き立てつつ、キレイを格上げさせる“名脇役”としてのチーク使いをマスターして、最旬顔にアップデートしましょ! 「MAQUIA」12月号に掲載中のメイクから、幸福感あふれる“ハッピーチーク”を大人らしく仕上げるコツをお教えします!Image title

いつも微笑み顔の幸せ美人に♡

弾けるようなハッピースマイルより、包容感のあるふんわり幸せそうな表情が今ドキ美人の条件。肌なじみのいいオレンジなら、強めのアイメイクに合わせても主張しすぎず、品よくまとまります。大人っぽい旬感のポイント!


ほわっと朗らかな幸福感がにじむオレンジImage title

使用した右はオイルを多く含むパウダー。しっとりなじんでツヤ頬に。バランシング チークス N 03 ¥6500/SUQQU

Image title透ける発色のクリームタイプ。スポンジ付き。ルナソルカラーリングクリーミィチークス 02 ¥3500/カネボウ化粧品


Image titleふわっとした感触で広げやすく、柔らかで自然な仕上がり。スガオ スフレ感チーク&リップ いきいきオレンジ ¥1000(編集部調べ)/ロート製薬 


【次ページをチェック!】最旬のハッピーチークの入れ方はコチラ!≫≫

【チークを入れるのはココ!】Image title

にっこり笑ったときにできる横ラインと、ふっくらとした頬の丸み。このWラインをチークで描くことで、ハッピーオーラに満ちた優しい表情に。


【How to】

1. 目の下から頬骨に沿って真横にImage title

Aの右のオレンジを使用。頬骨に沿って真横に、目の下の凹みまでかかるようにふわっとひとはけします。


2. 幅広ブラシにセルフチェンジ!Image title

付属の小さめブラシでも、根元を親指でつぶすことで先端が自然に広がり、ふんわり大きめブラシに変身♪


3. 小鼻脇~頬骨終点へ上昇させるImage title

先にのせた横ラインにもかぶるように、ふんわりと幅広めにのせることで、肌なじみUPと高揚感が叶います。


【Other item】Image title

左から2番目をアイホールと下まぶた全体に。左端を上のキワ全体と、下のキワに点状に置く。クレ・ド・ポー ボーテ オンブルクルールクアドリn 313 ¥7500/資生堂インターナショナル

Image title

茶マスカラを下まつ毛に。ル ヴォリューム ドゥ シャネル 27¥4200/シャネル(限定品) 

Image titleとろける質感のピンクを直塗り。キスキス 370 ¥4300/ゲラン


MAQUIA12月号

撮影/寺田茉布〈LOVABLE〉(モデル) 久々江 満(物) ヘア&メイク/高橋里帆〈Three Peace〉 スタイリスト/石田 綾 モデル/高橋 愛 取材・文/松村有希子 構成/山下弓子(MAQUIA)


【MAQUIA12月号☆好評発売中】

≪関連リンクはこちら≫


★【チークで叶う小顔メイク術】 お直し法、付属ブラシの活用法などなど≫≫


ぐっとくる要素はツヤと色気【男目線のモテメイクBest10】≫≫

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share