お目当ての彼を秒殺で射止めるには、頭脳が必要。“好感度メイク”に“視線”と“しぐさ”も意識して。秋のトレンドと心理的要素を取り入れた新・モテメイク、決定版を「MAQUIA」11月号から教えます!

Image title

男性が見ているポイントを教えてくれるのはこの2人!

メイクアップアーティスト KUBOKIさん

美容師として1万人の女性を見てきた経験から、表情筋で性格まで読める洞察力、最強のモテ理論を持つ。

心理学者 晴香葉子さん

文学修士。早稲田大学オープンカレッジ講師。著書に『もてる! 『星の王子さま』効果』など多数。 

Image title美人以前に美肌であること

第一印象は0.5秒で決まると心理学者のジョン・マナー氏はじめ、私もテレビや講座の中で実証済み。若さなど生命力を重視している男性は無意識に肌へ意識がいく傾向が。このストレス社会では自然体でデートできることも重要なので、シミや毛穴はカバーしつつすっぴん風の自然体が好ましいですね。(晴香さん)
男性はそもそも会った瞬間に「本命か? 友達どまりか?」を見極める性質がある。言ってしまえば肌さえキレイであれば9割は成功したも同然。彼女と話したいな、一緒にいたいな、と思わせるきっかけが美しい肌だから。(KUBOKIさん)


ナチュラルに見えればあざとく隠していい

男性はただの“すっぴん好き”ではなくて、“すっぴん風”が好きなんです。ソバカスや笑いじわはOKだけど、寝不足からくるくすみやネガティブな眉間のしわは、生活が荒れてそうと連想させるからNG 。そんなNGトラブルは隠しつつ、抜け感はメイクで調整する。「健康的な生活をしていて、もともとキレイな肌の人」と思わせれば成功です。(KUBOKIさん)


Image title

やっぱり笑顔でいてほしい

笑顔だと話しかけやすくチャンスも急増。すでに交際中ならギャップ効果としても有効で、例えば待ち合わせ中、彼にも見せたことのない無邪気な笑顔で誰かと話している表情は「まだ知らない彼女」とドキッとさせる要因に。(晴香さん)


チークは粉感がガードの堅さに比例

男は光に吸い寄せられる虫と同じ。頬は自然な血色とツヤがあればいい。粉っぽいと厚塗り感が出るからガードが堅いのかなって思っちゃう。(KUBOKIさん)

Image title

唇はフィーリングを表すから湿度と血色はマスト

相性やフィーリングを察知するパーツが唇。彼が口もとを見ているなと視線を感じたら「合うかどうか?」を見極めていると思いましょう。ツヤ感とふっくらとした血色は好意的に映り効果的。(晴香さん)


口角が上がっていると絆を深めてくれる

笑顔は相手を安心させ、ハッピー感を高めるほかに、社会的な絆を深めるにも役立ちます。笑顔が引き立つ表情やメイクなら彼の心をつかめるはず。(晴香さん)

Image title

目を見る男は好みや理解力を分析している

目もとに目が行く心理として、「顔が好みか?」「自分のことを理解してくれそうか?」を無意識に探っていることがうかがえます。目は本心を表すので、うそはつけないんです。(晴香さん)


アイラインは目立つと興ざめ
フレームにそわせるべき

モテる人は自分のチャームポイントをちゃんと知っているんですよね。目が丸いなら丸みにそって、切れ長なら凛とした仕上がりに……というように、持っている目のフレームに逆らわないこと。勝負する場所を間違えるとキケン。(KUBOKIさん)


【次ページをチェック!】直球で届く好印象がカギ!基本のたくらみ美人メイクを伝授≫≫

“たくらみ”ポイント

首をかしげて“守ってあげたい”と思わせる

(TOP画)

秋は実りの季節、ぬくもりある暖色が環境ともなじみます。首を傾げる動作は受け身で相手に主導権を委ねている意味合いがあり、彼から発言するきっかけに。(晴香さん)


“メイク”ポイント

湯上がり、ほろ酔い大好物血色とツヤの肌は下地で仕込む

男性はファンデーションの厚塗りは見抜けても下地までは見抜けない生きもの。だから悩み別にカラー下地で、色ムラを清楚にカバーしてほどよい抜け感を。(KUBOKIさん)

how to makeup

顔中央から外に向かってなじませる。ピンクはどんな肌の色でもOKで、秋のぬくもり肌作りにも◎。ピーチやブルーは秋の血行不良や冷えからくるくすみ肌に。

Image title

(右)色ムラやくすみ、クマをみずみずしい輝きで補正するヘルシーコーラル。ラ バーズ プロ カラー コレクター 03 40㎖ ¥4800/ランコム 

(中央)ほんのりピンクで好印象肌。リッチモイスチュア プライマー 30㎖ ¥3000/ジルスチュアート ビューティ 

(左)透明感を引き出すブルー下地。テカリやゴワつきによる乾燥をめくらまし。コントロールベイス ブルー 20g ¥2800/イプサ


MAQUIA11月号

撮影/神戸健太郎(モデル) 那由太(物) ヘア&メイク/KUBOK〈I Three Peace〉 スタイリスト/金山礼子 モデル/里海 構成・文/鵜飼香子(MAQUIA)


【MAQUIA11月号☆好評発売中】

≪関連リンクはこちら≫

太い、濃い、薄い、細いetc.【自眉を生かした今どき眉の描きかたレッスン】≫≫


エラ張り、一重まぶた、鼻のカタチなど【気になるお悩み、メイクで解決!】≫≫

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share