コロナ禍で飛躍的に利用者が急増した、オンラインお見合い。「MAQUIA」9月号で連載中の『神崎 恵の恋させる瞬間 美容劇場』では、そんな特別なシーンでも「リアルでまた会いたい!」と思わせる、好感度の高いメイク、ファッション、ヘアのポイントを神崎さんがレクチャーします。

オンラインお見合いで好感度をあげるには? 神崎 恵さんがその極意をレクチャー!_1

神崎 恵の恋させる瞬間 美容劇場
きゅん♡を誘う女になる

神崎 恵 Megumi Kanzaki
1975年生まれ。美容家であり、3人の息子をもつ母。ひとりひとりに合わせたメイクやビューティスタイルを提案するアトリエ「mnuit」を主宰し、美容誌をはじめ、各女性誌で連載を持つ他、コスメブランドのアドバイザーを務め、女性を美しく導く製品の開発、プロデュースなど活動の幅を広げている。書籍の累計発行部数は144万部を超え、最新刊『神崎CARE』(ワニブックス)が話題に。

SCENE:オンラインお見合い
華やかで柔らかなピンクチークが好感度アップの要
「最近はコロナの影響もあって、オンラインでお見合いして話せるようになったのがいい!」。結婚相談所に入会している男ともだちがそんなことを話していた。オンラインでの顔合わせは、写真やある程度作られた動画より、数倍のわかりやすさがあるという。確かに、わたしも同じような経験がある。何年か前にアシスタントを募集した際のこと、数百通も送られてきた履歴書と写真、その後行った面接では、写真や履歴書ではわからないことのほうが多いものだな……と会うことの重要さを学んだ。どれだけ履歴書を読み重ね、どれだけ多くの写真を見ても、リアルタイムで見る、話すには敵わない。ひとは目に見えるものだけではなく、声や動きやテンポ、いろいろなものが組み合わさることで出来上がっていることがよくわかる。


「うそはつきたくないけど、できるだけよく思われたいのよね」とは、マッチングアプリに登録している女ともだちの言葉。「猫をかぶっていても、会っていくうちにバレちゃうし、ありのままでいたいけど、つい繕っちゃうんだよね」と。これも、うんうんと頷ける話だ。


ある心理学者の話では、「自分に合うひとと出会うには、ありのままの自分でいるのが一番」らしい。ひとという生き物は、一緒にいて安らぐ、波長が合うひとに引き寄せられる。だから作った自分だと、作られた自分と同じようなひとが寄ってきて、結果うまくいかない場合が多い……ということらしい。そう考えると、パートナーとの出会いでいうならできるだけ素の自分でいることが大切なのかもしれない。


ならばオンラインでの顔合わせでは、素を感じさせつつ好印象、このバランスでいきたい。服やヘアメイクはシンプル。そのひと自体の味がわかりやすくなるからだ。必要のない誤解を与えることも防ぐことができるし、品や清潔感も感じさせる。髪や肌には潤んだようなツヤと幸せそうな血色感。これがあれば、アクセサリーで飾り立てなくとも、滲み出るような華が纏える。ここに吸い込まれるような眼差し。これ見よがしではなくインサイドにさりげなく強さを足せば、深いけれど温かみのある印象的な眼差しが完成する。
作り込みすぎず品良くツヤあり。このバランスを目指したい。

神崎恵さん1

神崎恵さん2

透明感を引き出す
メイク&ファッションの極意

オンライン上で透明感を出したいなら、メイクと服にちょっとしたポイントがある。メイクなら、濃い色を使いすぎないほうがいい。特に目元。アイカラーやアイラインの色を濃くすると、目元は暗くなり全体の透明感を下げてしまう。アイカラーはベージュから淡いブラウンをほんのりくらいがいいし、アイラインも入れるならキワに細く。その代わりインサイドに濃い目のブラウンをしっかり入れることで、目元の透明感を守りながら、大きさも引き立てることができる。チークも淡い色を広めに入れる。ほんわりと広い面積に纏うことで顔全体の血色感と明るさが加わり、肌が柔らかく透明に見える。
合わせる服は濃い色がいい。コントラストがきいて肌が白く見えるからだ。

神崎流・美人レシピ

清潔感と上品さ 控えめなレディスタイルに

白い襟が顔周りを明るく見せるワンピースは、黒よりも肌が柔らかく見えるネイビーをセレクト。さらに、知的さと清潔感を重視したいから、アクセサリーは控えめにするのがベター。

柔らかさとかわいさを広めチークで表現

オンラインお見合いでは、目立つカラーメイクは厳禁。主役にしたいのは幸福感のある血色チーク。さらに、ブラウンのジェルライナーで目元を引き締めて、目力はしっかりとアピール。

aキャンメイク クリーミータッチライナー 02 ¥715/井田ラボラトリーズ bパウダー ブラッシュ 03 ¥5830/レ・メルヴェイユーズ ラデュレ

a 粘膜部分にも負担なく、キレイなラインが描ける人気ライナー。涙や皮脂にも強いウォータープルーフ処方。キャンメイク クリーミータッチライナー 02 ¥715/井田ラボラトリーズ b 肌を明るくトーンアップさせるパウダリーピンク。頬の高い位置にふんわり広げて。パウダー ブラッシュ 03 ¥5830/レ・メルヴェイユーズ ラデュレ

ナチュラルかつ、手をかけている印象に

髪はツヤやかな仕上がりに加え、毛先は巻きすぎない程度のワンカール。会話中に耳を出したり、髪を片側に寄せたり、動きを出すのもポイント。でも、終始髪を触るのは絶対にNG。

MAQUIA 9月号
モデル・メイク・文/神崎 恵 撮影/天日恵美子 ヘア/津村佳奈〈Un ami omotesando〉 スタイリスト/松島 茜〈io〉 構成・文/若菜遊子(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年9月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。11月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share