目元メイクに注目が集まる今、抜群に洒落るためにはまつ毛の役割が欠かせない! 「MAQUIA」10月号では、人気ヘア&メイクアップアーティストのイガリシノブさんに、旬のまつ毛メイクの基本を聞きました。

 イガリさん流・オトナのまつ毛5つのルール! これが今の新基準_1

上げ方、つけ方、色合わせ…これが今の新基準
イガリシノブ
新・大人のまつ毛メイク

 イガリさん流・オトナのまつ毛5つのルール! これが今の新基準_2

イガリさん、最旬の
まつ毛メイクを教えて!
「今はマスクの時代。どうやって顔を華やかに見せよう、となったときに、まつ毛の“ねっとりした素材感”や“ほのかなニュアンス”って、抜群にお洒落なアクセントになりますよね。だからカラーマスカラは絶対活用しないと。逆に黒でまつ毛を盛りすぎるのはダメ。旬のくすみ色メイクが台無しになるし、顔全体にきっちりメイクをしないとバランスがとれなくなる。つまり、自動的に抜け感ゼロの古い顔になってしまうんです。まつ毛の横幅出しも2Dののっぺり顔に見えるから厳禁。横じゃなく、前へ前へ出せば、3D顔に。まつ毛の上げ方、アイシャドウとのカラーコーデ……この秋はまつ毛の新しい色とつけ方で、アイメイクをどんどん楽しんでほしいな」

 イガリさん流・オトナのまつ毛5つのルール! これが今の新基準_3

イガリさん流オトナのまつ毛5ルール

ヘア&メイクアップアーティスト
イガリシノブさん

ヘア&メイクアップアーティスト イガリシノブさん

 イガリさん流・オトナのまつ毛5つのルール! これが今の新基準_5

RULE
ぐい〜ん! と
思い切りカールさせない
「まつ毛を激しくカールさせることで、実は10歳老けて見えてる。ぱっちりまつ毛なだけで時代を感じさせる古いメイクに。まつ毛は二重幅より出ないように上げるのがコツ」


RULE
根元しっかりづけで
アイライン効果を狙う

「マスカラは特に根元にしっかりつけて。地平線、海と空がまじり合ってるところと一緒で、まぶたのラインとまつ毛の根元が絶妙に混ぜ合わさって、印象的な深みになるの」


RULE
ボリューム出し厳禁
今はロングまつ毛の時代

「ボリュームを出すと顔が重く見えるし、古い顔に見える原因に。今は圧倒的にロングまつ毛が旬だから。どうしてもボリュームを出したい日はアイシャドウを思い切り抜いて」


RULE
カラーマスカラを
積極的に使おう

「マスカラといえば黒という固定観念は捨てて。カラーマスカラはポップなものではなく、今や定番。茶が混じったような深い色を使えば、ビギナーでも安心して使えるはず」


RULE
下まつ毛のマスカラは
真ん中だけに塗る

「下まつ毛にきれいにマスカラを塗ると、上まつ毛をぐいんとカールさせたくなる。これは老け見えの原因になってしまうから、下まつ毛はアクセント程度に黒目の下だけに」


MAQUIA 10月号
撮影/三宮幹史〈TRIVAL〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/イガリシノブ〈BEAUTRIUM〉 スタイリスト/立石和代 モデル/比留川 游 カイノユウ 取材・文/通山奈津子 構成/山下弓子(MAQUIA)

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share