幅広いジャンルの作品で活躍する吉岡里帆さん。作品ごとに新しい顔を見せてくれる彼女は、ひたむきであり、芯の強さも感じさせる素顔の持ち主。そんな彼女のしなやかさの秘密を聞きました。

吉岡里帆 インタビュー コンプレックス

Special Interview___Riho Yoshioka

軽やか? 不器用? どれが一体カノジョの素顔?
吉岡里帆「多面体な美しさ」のひと

“めげない”吉岡里帆を作るモノ
“足りない自分”を愛してあげたい
誰でもコンプレックスはありますよね。私も常に考えすぎちゃうし、真面目にやりすぎちゃう性格を変えたかった時期があるんです。でも、今は逆にそれが自分の個性なんだと肯定できるようになってきました。もしかしたら、私の中で“自分はこうありたい”っていう憧れや向上心が先行しすぎていた部分があって、それが少しずつほぐれてきたのかも? 自分の足りていない部分や足りていない状況を愛してあげられたら、すごく気持ちが楽になると思います。

心の疲れには肉体からアプローチを
心に澱が溜まった時は、鍼灸かピラティスをしに行きます。あとは、酵素風呂もかなりおすすめ。体にいいことをしているなって感じるだけで不思議と元気になるし、全身がスッキリしてマインドまでデトックスされる感覚があります。そして落ち込みから立ち直る最強の秘策は、カロリーが高いものをがっつり食べること(笑)。これに尽きますね。私だったら……今はラーメンかな。日頃はセーブしてラーメンを食べたいって気持ちを貯蓄しているので、いざ食べた時の幸福感がものすごいことに。一発で元気になりますよ(笑)。

壁に寄り掛かる吉岡里帆さん

大好きなお仕事が最大のパワーの源
仕事がなかった頃から続けているのが、頑張って貯金をして自分にご褒美を買う習慣。素敵なものを身につけることは自信に繋がるし、“いつかこれが似合う人になろう”という思いが励みになる気がします。そして、最近私にパワーをくれた作品のひとつが『劇場版 呪術廻戦 0』。内容の素晴らしさはもちろん、多くの方が見ているからいろんな世代の方とお話しするきっかけになるんですよね。コミュニケーションの大切さに気づいた今、様々なジャンルの大ヒット作品に触れる良さを改めて実感。私自身もいろんな分野のお仕事をさせて頂いていますが、毎日本当にたくさんの刺激とパワーをもらっています。チームで表現を追求するこのお仕事に心底惚れ込んでいるので、今後もいろんなことに挑戦していきたいですね。

Riho Yoshioka

1993年1月15日生まれ、京都府出身。多彩な役柄を演じ分ける卓越した演技力と誠実でチャーミングなキャラクターが支持され、ドラマや広告、映画など幅広く活躍。映画『ホリック xxxHOLiC』『ハケンアニメ!』が現在公開中。沖縄戦を描いた映画『島守の塔』(2022年公開予定)も公開を控えている。

MAQUIA7月号
撮影/柴田フミコ ヘア&メイク/犬木 愛〈AGEE〉 スタイリスト/黒崎 彩〈Linx〉 取材・文/真島絵麻里 構成/木下理恵(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。

MAQUIA書影

MAQUIA2022年6月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。8月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share