「MAQUIA」1月号では、2019年下半期のメイクトレンドを、paku☆chanさんと劇団雌猫が分析! 「グレイッシュEYE」「ソフトマットLIP」「ツヤ全盛りベース」について語り尽くします。

Image title


ヘア&メイクアップアーティスト paku☆chanさん
Three PEACE所属。多くの女優やモデルを担当するほか、女性誌でも引っ張りだこ。トレンドを取り入れた、おしゃれなメイクが人気。

「劇団雌猫」とは?
もぐもぐ、ひらりさ、かん、ユッケのアラサー4人組から成るサークル。2.5次元や宝塚などに夢中。新刊『誰になんと言われようと、これが私の恋愛です』(双葉社)が好評。


トレンド グレイッシュEYE

Image title

ヴォランタリー ベイシス アイパレット 06 ¥6200/セルヴォーク


おしゃれ上級者が飛びつく
今秋、大注目カラー

かん paku☆chanさん自身が今年一番ハマったのって、どんなメイクだったんですか?
paku☆chanとかグレイを目元に使ったメイク。アイカラーとかアイラインで使うと、すごく今年っぽくて素敵だよ。
もぐもぐ 使ったことがない色だわ~。どう使えばいいの?
paku☆chan パンチのある色だから、いつも使っているブラウンアイカラーの半分くらいの幅で入れるとか。とにかく狭く濃く、アイライン的に使うのがおすすめ。
かん なら、単色のグレイシャドウがあればいいかな?
paku☆chan SUQQUのトーン タッチ アイズ 15とか、単色だし発色も淡くて使いやすいと思う。
もぐもぐ グレイだけで大丈夫なのかな? ゴスロリチックなモードになっちゃったりして……。
paku☆chan 明るいベースカラーにグレイを合わせて、コントラストをつけてみて。今期流行した渋み系オレンジとかピンクを上まぶたに淡くのせて、グレイをラインっぽく引く。そうすれば、ほどよく愛らしい感じに仕上がるはず。簡単だからやってみて!

Image title

トレンド ソフトマットLIP
Image title

ルージュ ディオール ウルトラ リキッド 860 ¥4200/パルファン・クリスチャン・ディオール


保湿感がさらに進化!
マット具合の調整もしやすい

ユッケ マットリップも、マキアでよく見かけた気がする。
paku☆chan そうだね。下半期は透け感があったり、さじ加減ひとつでマット感を調節できる、ソフトマットリップが多かった。
ひらりさ マットリップ、おしゃれだから欲しくなるんだけど、すぐ使わなくなっちゃう。
ユッケ 唇が乾くから結局バームを重ねて、もうマットじゃないじゃん! みたいになる(笑)。
paku☆chan あ~確かに。ちょっと前のはそうだったかも。でも最新のリップはそこをきちんと対策してるよ。パサつかずに湿度があって、唇の縦ジワも目立たなくしてくれて優秀なの。
ひらりさ それなら嬉しい! 
paku☆chan 例えば、ディオールのルージュ ディオール ウルトラ リキッドは唇が常にしっとり。これ、塗ってみてあげるね。
ユッケ 本当にしっとり。マットだけど、じんわりツヤもあってなじむね。
paku☆chan がっつりマットじゃなくて軽さもあるところが、ソフトマットの使いやすい点だよね。
ひらりさ 色がしっかり出るんだ。私にはちょっと濃いかも……。
paku☆chan チップから直じゃなく、指で軽く叩くように塗れば、程よい発色でグーンと使いやすくなるよ。

Image title

トレンド ツヤ全盛りベース
Image title

クリーミィファンデーション EX SPF21・PA++(104のみSPF21・PA+++) 30g 全7色 各¥5500/RMK Division

じゅわっと水分がにじむ
端正なツヤ肌が主流

ひらりさ ベースメイクのトレンドは、どうだった?
paku☆chan ベースメイクは、断然ツヤ肌がブームだったと思う。
ユッケ 確かにクリームファンデ、周りでも人気ありました。
paku☆chan そうだね。NARSのクッションもすごくよかったよ。カバー力があって、骨格に寄り添った自然なツヤが出る。目の下の三角ゾーンに入れるだけで、肌全体がキレイに見えるの。
ユッケ ピンポイント塗りだけでいいなんて忙しい朝でも簡単でイイ。
paku☆chan あとは、ジルスチュアート ビューティの下地も好き。パウダリーファンデも、これを下に仕込めばツヤのにじむ美肌を作れる。
ひらりさ ツヤ肌ベースにすると、すごく潤って見えるね。
paku☆chan そうなの。ツヤがあると肌内部が水分で満たされてるような、湿度のある肌印象になれることがポイント。元々の肌がキレイな人みたいに見えるから、みんな夢中になるのも納得だよね。

Image title


paku☆chan's 2019ベストコスメ

Image title

ジルスチュアート
イルミネイティング セラムプライマー 01

パールやダイヤモンドパウダーの効果で、肌に光沢感をプラス。SPF20・PA++ 30㎖ ¥3200/ジルスチュアート ビューティ


Image title

NARS
ナチュラルラディアント
ロングウェア クッションファンデーション

紫外線や空気中の微粒子から肌をガード&フルカバレッジ。SPF50・PA+++ 全6色 各¥6300(セット価格)/NARS JAPAN


Image title

SUQQU
トーン タッチ アイズ
上から、15、13

淡く明るいカラーがシアーに発色。時間が経っても色がくすまず、色を重ねてもにごらない。リッチな輝きが美しい。各¥3700


Image title

セルヴォーク
シュアネス アイライナー ペンシル 11

目元に絶妙なニュアンスをプラスするカラー。描きやすさとにじみにくさを両立。ぼかせばアイカラーとしても使える。¥2800


Image title

NARS
リップスティック 2949

クリーミィにのびて、シアーに色づく。軽いつけ心地で、保湿感も大満足。メタリックに輝くラズベリー。¥3300/NARS JAPAN



MAQUIA 1月号

撮影/青柳理都子(人物) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/輝・ナディア〈Three PEACE〉 スタイリスト/立石和代 取材・文/風間裕美子 構成/若菜遊子(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


【MAQUIA1月号☆好評発売中】

2020年5月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。7月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share