“キメすぎない”スタイルが人気だけど、忘れたくないのが自分をキレイに見せるバランス。目元に落ちる毛束を計算したショートボブは、それだけでメイク並みの美人効果を発揮。さらに顔型に合わせてフェイスラインをデザインすることで、最高の小顔を約束します。ひとりひとりにフィットするオーダーメイドのカットテクで、あざといまでの美しさを今すぐ体験して。

Image titleベースはあごラインの短めボブで、内側のボリュームをしっかりとオフ。さらに表面にスライドカットで隙間を作り、抜け感をプラスします。目元で遊ぶ毛束を作るため、顔まわりに長さを残すこともポイント。基本はノンパーマのスタイルですが、直毛の人は23ミリの円すいロッドで毛先をランダムに巻くと、ほどよい柔らかさが生まれます。カラーは8トーンのカーキアッシュをメインに使い、デザインに同系色のローライトをイン。顔まわりに細めのローライトをたっぷり入れることで輪郭が引き締まり、小顔効果が高まります。            
Image title軽く下を向き、手ぐしでラフにほぐしながらドライします。スタイリング剤は軽い質感が作れるパウダーワックスをセレクト。今回はナプラのモレット パウダーケアクリーム スウィートを使用しています。つけ方は少量をよく手にのばし、乾かし方と同様にラフに全体になじませればOK。トップを8:2くらいでパート分けして高さを出し、毛先にウェットな束感を与えると大人っぽさがUP! コーデに合わせてウェット感を強め、タイトにスタイリングするのもオススメです。ゴールド系のピアスで引き締めを与えて、誰もが振り返るようなおしゃれオーラを放ってみて。

スタイリスト/池戸裕二(MINX 銀座五丁目店) モデル/ジーナ 文/永田未来(ichigo)

MINX 銀座五丁目店 https://minx-net.co.jp/salon/ginza5chome

MAQUIA書影

MAQUIA2021年4月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。6月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share