「MAQUIA」11月号では、カリスマトレーナー佐藤義人さんが教える、不調を「しつける」神ストレッチをご紹介。今回は、生活習慣に潜む歪みのモトを教えていただきました。これを正して、一生疲れ知らずなカラダに!

歪みのモト! うつむきスマホ、横向き寝etc. カラダのための正しい生活習慣をチェック_1

筋肉をしつけて体質改善!
カリスマトレーナー佐藤義人式
不調を「しつける」神ストレッチ

今必要なのは痩せるための「ダイエット」ではなく、自分を整え、健やかに生きる「メンテナンス」になるストレッチ。新時代のボディメイク、始めよう。

教えてくれたのはこの人
佐藤義人さん

アスレチックトレーナー

佐藤義人さん

『SATO.SPORTS』院長。2015年、ラグビーワールドカップ日本代表チームをトレーナーとして支え「神の手」と呼ばれるように。

一生疲れ知らずな
カラダのための正しい生活習慣
アンバランスな筋肉の原因を作っているのは、自分かも? 生活習慣に潜む歪みのモトをうかがいました。


ヒールでペタペタ歩き
老け印象のサイン
「ヒールがいけないわけではないけれど、ペタペタ歩きでは背中が丸まって老けた印象に」と佐藤さん。前側のひざをすっと伸ばし、後ろ側の足指で地面をつかむように蹴り出すと、背筋の伸びた美しい歩き方に。着地のときにひざが曲がっているのはNG。

ヒールでペタペタ歩きは老け印象のサイン

スマホを使うほどに
猫背&巻き肩に
「現代人が猫背になるワースト1の原因はこれ!」と佐藤さんが断言するのが、うつむいた状態でのスマホ操作。胸やお腹が縮んでしまうので、頭はまっすぐに保ち、画面を顔に近づけて使うこと。逆の手で、スマホを持った側のひじを支えると姿勢が安定し美しく。

スマホを使うほどに猫背&巻き肩に

荷物の持ち方でカラダが歪む!
バッグをかけた側の肩が下がってしまう人は多いけれど、そうすると首が反対に曲がったり背骨が歪んだり。バッグをかけたほうの肩を少し持ち上げて背中の筋肉を使うのが正しい持ち方。ひじをやや後ろに引き、バッグをかける側をときどき入れ替えれば完璧。

荷物の持ち方でカラダが歪む!

あおむけに寝にくい
はコリと不調のサイン
「あおむけに寝るより横向きのほうがラク」という人は、前側の筋肉が縮んでいる可能性大。そのままでは背中の筋肉が弱くなる一方で、立ったときにお腹がポコッと出てしまうので、背中を縮める「しつけ」を。歪みが解消し、あおむけ寝でも違和感がなくなるはず。

あおむけに寝にくいはコリと不調のサイン

胃腸の負担も、腰痛の原因に?
「胃腸の働きが悪くて腹筋が固まり、体が前に縮んでしまって腰痛が出ている人がちらほら」と佐藤さん。体表と内臓はリンクしているので、腰痛などの不調は内側からのケアも大切。乳酸菌を摂って便秘を解消する、青魚などで良質の油を摂るといったケアも腰痛予防の一環。

佐藤義人さんのアドバイス

MAQUIA 11月号
撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/榛沢麻衣 スタイリスト/立石和代 モデル/大塚まゆか イラスト/シママスミ 取材・文/高見沢里子 構成/木下理恵(MAQUIA)

MAQUIA書影

MAQUIA2020年10月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。12月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share