美しいメイクは美しいメイクボックスから生まれる! コスメ収納術を教えます

メイクアップ

肌状態が悪かろうが、泣きはらしていようが、どんなコンディションでも美人に仕上げるのがメイクのプロ。私たちもマネできる、慌てずキレイをつくるための超お役立ちアイテムを徹底リサーチ! 今回は、日々大量のコスメを使いこなすプロのメイクさんに、使いたいアイテムをいつでも使えるようにするための収納術と、いざというときのお助けコスメを教えていただきました。



犬木 愛さん

初のメイクブック『恋される女子になる大人かわいいヌケ感メイク』(双葉社)が好評発売中。



選び抜かれた旬のアイテムで対応

犬木さん「化粧品は入れ替わりが激しいので(笑)、基本的にスキンケアを入れるポーチ以外は、ジッパー付きの透明袋に収納を。何が入っているかひと目でわかるので使い勝手がいいんです。今、使っているものはパリのキッズショップで購入。緊急時のスキンケアは天然水とオイル頼み。シンプルケアで肌を鎮静化させます」。




ミニマム&コンパクトが犬木流


Image title


ベースメイクがくずれたときに 

細かいパーツにフィットするスポンジの角で、目のキワなどにも沿ってキレイにタッチアップできます。



スポンジの面で使い分けを

Image title


細かいパーツもキレイにフィット。バリュースポンジ ハウス型Mタイプ 12p ¥380/ロージーローザ





化粧水などはバニティポーチに 

Image title


立ち物が多いスキンケアアイテムは、そのまま立たせて収納できるケイト・スペードのバニティポーチにイン。




メイクのノリが悪いときに

メイクのりが悪いときは、肌の乾燥が主な原因。オイルで肌をしっかり保湿しながら、柔らかくしていきます。


オイルで肌を柔らかく底上げ

Image title

肌なじみのいいオイルなので少量でもOK。オーガニック アルガンオイル 30㎖ ¥3300/レミオ・ジャパン



首筋&鎖骨ラインをすっきり

Image title


コンセントレート トリートメントオイル〈ネック・デコルテ・バスト用美容液〉 30 ㎖¥8500/THREE



次回は、血色トラブルに使えるレスキューコスメをご紹介します。



マキア2015年5月号

撮影/嘉茂雅之〈Iris〉(モデル) 宮本暁子(物) モデル/本多麻衣(マキアビューティズ) 構成・文/根笹美由紀 企画/芹澤美希(MAQUIA)

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN