30代はメイクの順番を見直すべき! “濃い・バランスが古い”の簡単回避テクニック

メイクアップ
いいね! 8件

「MAQUIA」12月号では、メイクが濃くなってしまう悩みをヘア&メイクアップアーティストのGeorgeさんと一緒に解決!正しいメイク手順を見直そう。

Image title

教えてくれたのは…

ヘア&メイクアップアーティスト
Georgeさん

日々のサロンワークや人間観察で培ったデータと類いまれなる分析力で、簡単に今っぽい顔になれる技を編み出す達人。


今こそ習慣を見直すべし!!

30代からの
正しいメイクの順番

Image title

30代からはメイクの順番 が重要。つい力が入りがちなアイメイクは後にして、先に血色を仕込むことで 「メイクのバランスが古く、濃くなる」のを防げます。


目薬

心得その1

まずは充血をとって目をクリアに!

Image title

メイクの前に目薬をさして、白目のにごりや充血をケア。赤ちゃんのようにピュアで潤んだ瞳に整える。


ベース

心得その2

ツヤ、血色、潤い感は下地で仕込む

Image title

色補正効果のある保湿力の高いツヤっと見せたい頬にオン。スキンケア感覚でのばす。


心得その3

下地は首まで伸ばし "顔だけ真っ白"防止

Image title

首と顔の色に差があると、厚塗りっぽく見えてしまう。下地は首まで伸ばし、色の差をならしておこう。


心得その4

ファンデーションは 少量をパッティング

Image title

ファンデーションはいちばん綺麗に見せたい頬から塗り始める。少量を薄く叩き込むように伸ばすのがコツ。


血色

心得その5

練りチークをほてりゾーンにオン

Image title

自然なツヤ感の練りチークを、ほてったときに赤くなる「頬の中心よりやや内側」にオン。


心得その6

目の下まで広めに ぼかし、クマを補正 

Image title

指の腹でチークを横長の楕円形に広くのばす。目の下までぼかすと、クマを目立たなくできる。


心得その7

ティントリップで 血色を足しておく

Image title

ティントリップで唇に血色をプラス。唇に血色を足すことで、アイメイクが濃くなるのを防止。


アイメイク

心得その8

アイシャドウブラシでふんわり眉に

Image title

つい細く描きがちな人も、アイ シャドウブラシを使えば、今どきのふんわり太眉が簡単!


心得その9

茶系練りシャドウ で潤ったまぶたに

Image title

目もとは茶系の練りシャドウでツヤっぽく陰影をつけ、シャドウ ラインでやわらかく引き締める。


心得その10

マスカラは カール力重視

Image title

まつ毛をボテボテさせるのはNG。カールタイプのマスカラをスッと一度塗りしてパッチリ。


リップ

心得その11

リップは服を着てから塗る

Image title

リップの色や質感は服とのバランスが大事。洋服を着替えてから塗り、バランスアップ。


【次のページをチェック!】ブローの仕方はこちら!  》》

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN