今さら人にきけないメイクの基本の「き」。メイクアイテムの気になる使い方は、「MAQUIA」11月号でこっそりチェックしましょう! ここでは、気分に合わせて目元印象を変えながら、上品&ナチュラルに仕上げる、ラインメイクのポイントをお教えします!Image title

メイクアップアーティスト

山本浩未さん

実用的で誰でもすぐに実践できるメイクテクニックや、気持ちが元気になるポジティブな美容理論が好評。


Q. アイラインでどうやったら印象を変えられる?

A. 気分を変えたい日は『見せるライン』をImage title

「リキッドライナーで、まつ毛のキワに沿ってやや太め、切れ長に描くと印象的な、見せるラインになります」。


Q. アイラインを入れるのはアイシャドウの前?後?

A. にじまないのはアイシャドウの後

「どちらでもOK ! なじませたいならアイシャドウ前に。際立たせるならアイシャドウの後に。後者の方がにじみにくい利点も」。


Q. ペンシルラインのコツを教えて!

A. 最後のぼかしで浮かない繊細なラインに

1. 目尻から約1㎝くらい、目尻のキワにアイラインを引く。Image title

2. 1のラインにつなげるように、目頭からアイラインを引く。Image title

3. 棒で描いたアイラインのがたつきをぼかすとキレイに。Image title

【次ページをチェック】目のキワまできれいにラインを引くコツ≫≫

Q. インサイドライン、うまく引けません!

A. 目もとを固定すれば怖くない!

「描く際に、ひじをついて高さを固定したり、手もとを頬に密着させて固定したり。目もとや手がブレないよう、どこかで支えてみてください」。


Q. 浩未さんおすすめのカラーライナーのさりげない使い方は?

A. 太めラインでシャドウっぽくImage title

「ボルドー、カーキなど、影色になるカラーライナーは、太めに入れてシャドウ効果を」。


Q. リキッドラインってガタつきませんか?

A. 最後に“整え線”をImage title

「基本の書き方はペンシルと同じ。ラインを引いたら、最後に目頭~目尻へ一筆重ね書きを。これでなめらかに」。


MAQUIA11月号

ヘア&メイク/山本浩未 撮影/青柳理都子(モデル) 加藤ゆき(物) スタイリスト/立石和代 モデル/林田岬優 石上智恵子(マキアビューティズ) 取材・文/松井美千代 構成・文/髙橋美智子(MAQUIA)


【MAQUIA11月号☆好評発売中】


≪関連リンクはこちら≫

★【デカ目、タレ目、切れ長も思いのまま】 まつ毛メイクで印象的なまなざしに≫≫


ぐっとくる要素はツヤと色気【男性の理想メイクBest10】≫≫

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share