「MAQUIA」8月号では、顔の悩みに合わせたメイク術を、ヘアメイクアップアーティストのCHIHARUさんが伝授。その中から、のっぺりとした印象を与えがちな“平たい顔”をキリリと引き締めて小顔に見せながら立体感を出すコツをお教えします。Image title


重心を移動させて顔側面を影色で締める


beforeImage title

骨格を強調して顔に高低差をつけたいけれど、なかなか影色を使いこなせない。


CHIHARUさん「木村さんのメイクは、眉は中心に寄っているのに目もとは目尻に重心があり、配置バランスが悪く結果、平面に見えているんです。顔側面の余白を狭めて小顔にするには、側面はぼかし、中央はキリリが鉄則で」。


【次ページをチェック!】 顔の立体感を引き出す眉の長さは?>>>

平たい顔は逆三角形小顔メイクでコンプレックスを一掃!


1. 眉は中央に寄せずに、眉尻をあごまでの三角ラインくらいまでのばしてぼかすと小顔に。Image title



2. 目尻ラインをぼかすと目幅が広がり顔側面が奥へ引っ込む。対して目頭はラインで引き締め。Image title



3. フェイスラインの骨の上に濃いめブラウンパウダーをのせる。これで奥行きのある小顔に。Image title



パウダーをペンシル状に固めて自然で高密着、崩れにくい。デジャヴュステイナチュラS ライトブラウン ¥900/イミュ Image title



透け感黒茶。モテライナー リキッド TAKUMIBrBk-R ¥1500/フローフシ Image title



2色をブレンドして立体的に。レ ベージュ アーモニー プードゥル ベル ミン マリニエール 02 ¥6600/シャネル(限定品)Image title

「MAQUIA」8月号に掲載中の“コンプレックス一掃メイク”をチェックして、悩み知らずの華やか顔を手に入れましょう!


MAQUIA8月号

撮影/山田英博(モデル) 那由太(物) ヘア&メイク/CHIHARU スタイリスト/武田亜利紗 モデル/マキアビューティズ 構成・文/鵜飼香子(MAQUIA)



【MAQUIA8月号☆好評発売中】


≪関連リンクはこちら≫


パーツが派手、ふくみ鼻、ほほハリetc.【華麗に変身♡ コンプレックス一掃メイク】≫≫



★【腫れぼったい奥二重】は、キラめきコスメで華やかに目ジカラUP!≫≫

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share