肌なじみの良いゴールドイエローは、下まぶた全体に。「MAQUIA」4月号では、今季の注目カラー、イエローを使ったメイクを提案。大人に似合うバランスを教えます!

Image title

「大人はどう使えばいい?」にお答えします

春の本命イエロー&オレンジは、潜ます or 効かせるが正解!

今季、大注目カラーであるイエロー&オレンジ。一見、難易度高そうに見える2色だけど、実はかなり“使える”色!大人のバランス術を教えます。


Image title

ゴールドイエローは下まぶた全体にON

肌なじみの良いゴールドイエローは、下まぶた全体に。レフ板効果でふっくら涙袋風に見せるとともに、顔印象を柔らかく見せる効果も。イエローと相性の良いピンクをまぶたと頬に忍ばせて、大人可愛い印象に。


Image title

潜ませYellow

カネボウ
アイカラー デュオ
(右から)06、07、12

柔らかなゴールドイエロー×ピンク、ブラウンやベージュをセット。欲しい3種をカスタム。¥8900(セット価格)/カネボウインターナショナルDiv.

Image title

- Point -

目頭側からアイホールにふんわりa、境目にはbをぼかす。黒目上から目尻へライン状にcをON。下まぶた全体には1dのゴールドイエローを広げる。レフ板効果で潤んだような瞳を演出。


Image title

Cheek & Lip

【CHEEK】ブラシで1を全て混ぜ、頬高めにON。1 ブルーム ミックスブラッシュ コンパクト 01 ¥4200/ジルスチュアート ビューティ 【LIP】指に2を取り、内側からトントンと塗り広げる。2 リップスティック N 312 ¥3000(セット価格)/ポール & ジョー ボーテ



MAQUIA 4月号

撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/岡野瑞恵〈storm〉 スタイリスト/黒崎 彩〈Linx〉 モデル/宮田聡子 取材・文/谷口絵美 構成/若菜遊子(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


【MAQUIA4月号☆好評発売中】

2020年5月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。7月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share