「MAQUIA」3月号の『見たまま簡単アイレシピBOOK』から、エトヴォスの赤みブラウンパレットを使ったアイメイクをご紹介。じんわりにじむ囲み目で、色っぽさとおしゃれな雰囲気を両立。

Image title

プロの色使いをマネできる♡

ALL春新色パレットで作る、
見たまま簡単アイレシピBOOK

「華やかなパレットを最大限使いこなしたい!」の声に応え、プロが教えてくれたテクを惜しみなく紹介。目が離せない春色メイクをさぁ、今日から。


Image title

洒落感も叶える囲み目
色っぽ微熱EYE


Image title

赤みブラウンやキャメルベージュなど、洒落感ある組み合わせ。目元に優しい天然美容成分配合。ミネラルクラッシィシャドー モデラートピーチ(限定色)¥4000/エトヴォス


Image title

じんわり熱を帯びた眼差しを作る赤みブラウン。あえて下まぶたメイクをマットなキャメルで組み合わせることで、甘すぎない雰囲気に。洒落感も一緒に叶える。

一重、奥二重さんは

腫れぼったく見せないため、アイホール全体に広げたAをもう少しだけミニマムに。


Image title

HOW TO MAKEUP

Image title

赤みベージュをアイホール全体に

ブラシにパレットAの赤みベージュを取り、アイホール全体に広げる。じんわり色っぽいニュアンスが誕生。


Image title

赤みブラウンを二重幅にオン

チップにBの赤みブラウンを取り、二重幅に広げる。さりげなく目元に奥行きを与えメリハリ感をプラス。


Image title

まぶたの中央上部にキラキラをのせて

Dのキラキラを指に取り、アイホールの中央上部のみポンとなじませる。部分使いで輝きも際立つ。


Image title

下まぶた全体にこなれたキャメルを

Cのキャメルベージュは下まぶた全体に。目尻のみ、ブラウンのリキッドライナーでラインを引いて締める。



MAQUIA 3月号

撮影/峠 雄三(モデル) 橋口恵佑 富田 恵(物) ヘア&メイク/岡田知子〈TRON〉 スタイリスト/川﨑加織 モデル/泉 里香 千葉由佳、福吉真璃奈(マキアビューティズ) 取材・文/風間裕美子 谷口絵美 佐藤 梓 構成/萩原有紀(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


【MAQUIA3月号☆好評発売中】

2020年5月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。7月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share