甘くなりがちなピンクをスタイリッシュに! 「MAQUIA」12月号では、ホリデー限定パレットをデイリーに使いこなすテクニックをご紹介。今回は、ジルスチュアートをピックアップ!

Image title

毎日使えるアイパレットじゃなきゃ!

人気8大ブランドの
ホリデー限定パレットでアイレシピ


JILL STUART
甘さを抑えたシャープな表情が新しい
ハーフピンクEYE

甘くなりがちなピンクシャドウをスタイリッシュにこなすにはまぶたを縦割りして片側のみ効かせるテクニックがおすすめ。目頭でピンクを主張させつつ、目尻はブラウンで引き締める。新鮮なデザインで、脱コンサバな洒落ピンクを堪能して。

Image title

ハーフェイヴァリット アイズ

〈ロイヤル & アーバンプリンセス コレクション〉のパレットは、シルバーパールが輝くクールピンクが中心に。¥7500/ジルスチュアート ビューティ(11月1日限定発売)


Image title

Image title

アイメイクを徹底解説
ここでは、今回提案したアイメイクのプロセスをレクチャー。目の形別アドバイスも参考にして、自分に合うトレンドアイを探して。


Image title

ハーフェイヴァリット
アイズ

〈ロイヤル & アーバンプリンセス コレクション〉¥7500/ジルスチュアート ビューティ(11月1日限定発売)

Image title

まぶたの半分だけピンクを重ねるワザありメイクは、目頭側に効かせる点がミソ。目尻側に重ねると腫れぼったく見えてしまうので×。

奥二重、一重さんは
一重の人は、目を開けた時に見える範囲まで2をオン。奥二重は目尻側にしっかりと2をのせて。


HOW TO

Image title

1.チップに1をとり、目尻と目頭を往復させながら塗ってアイホールに奥行きを出す。


Image title

2.2を上まぶたのキワにのせて指でぼかし、12を混ぜて下まぶた1/3にオン。


Image title

3.上まぶたの目頭側1/3に3をチップでのせ、指で眉下までふんわりとぼかしこむ。


\動画でもっと詳しく/


MAQUIA 12月号

撮影/吉田 崇〈まきうらオフィス〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/犬木 愛〈agee〉 スタイリスト/黒崎 彩〈Linx〉 モデル/春花 目元イラスト/きくちりえ〈Softdesign〉 取材・文/真島絵麻里 構成/山下弓子(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


【MAQUIA12月号☆好評発売中】

MAQUIA2020年6月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。8月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share