「MAQUIA」5月号では、おしゃれ顔の達人・河嶋希さんがプチプラコスメを使った春メイクを披露。寒色アイシャドウで、フェミニンな表情にさりげなく凛としたムードを。

Image title

人気アーティストが提案

プチプラアイ&リップでこの顔に

この春のメイクトレンドを、プチプラコスメでつくるなら? 目元とリップをポイントにしたルックを、アーティストが提案。プチプラコスメの可能性、とくとご覧あれ。


教えてくれたのは…

おしゃれ顔メイクの達人

河嶋希


“色みはクール、入れ方は甘く。
春の寒色で差をつけて”

「春に鮮やかな色ももちろん素敵ですが、ブルーやパープルのような寒色を目元にひとさしするのが気になっています。その分クールになりすぎないように丸みのあるフォルムを意識して、唇にはあえて王道の赤を染めるようにふんわりと。可愛らしさの中に1点、凛としたムードが潜むバランスがカギです。プチプラコスメって、色で冒険しやすいのも魅力ですよね」

春の寒色で差をつける! 河嶋希流・プチプラコスメメイクテク_1_1

Eye

カネボウ化粧品
ケイト
スモーキー
ラウンド
アイズ BU-1

「このブルーがとってもシャレていて、透ける仕上がりなのに深みも出るんです。立体感が簡単に作れるパレット」

春の寒色で差をつける! 河嶋希流・プチプラコスメメイクテク_1_2

Lip

資生堂インターナショナル
資生堂
ルージュ
ルージュ ピコ
RD401(限定品)

「赤の色みも、マットすぎずシアーすぎない質感も、全てにおいて丁度いい! 塗り方次第で印象も自由自在です」

春の寒色で差をつける! 河嶋希流・プチプラコスメメイクテク_1_3

EYE

aをアイホールに広めにのせる。眉下あたりまでのせてOK。次に、bを黒目の上と目頭にポイントで重ねて輝きを加えたら、cを細いチップで目尻のキワにのせる。このとき、きっちりライン状に引いたりせず、チョンとラフにのせる程度が丁度いい。

春の寒色で差をつける! 河嶋希流・プチプラコスメメイクテク_1_4

LIP

一度唇全体にブラシでリップを塗り、ティッシュオフ。その後、輪郭のエッジを自然にするために、指でポンポンとなじませていく。

春の寒色で差をつける! 河嶋希流・プチプラコスメメイクテク_1_5
春の寒色で差をつける! 河嶋希流・プチプラコスメメイクテク_1_6
春の寒色で差をつける! 河嶋希流・プチプラコスメメイクテク_1_7
春の寒色で差をつける! 河嶋希流・プチプラコスメメイクテク_1_8


MAQUIA5月号

撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル) 梅村 駿(物) ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/黒崎 彩〈Linx〉 モデル/琉花 取材・文/森山和子 構成/吉田百合(MAQUIA)


【MAQUIA5月号☆好評発売中】

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share