「MAQUIA」9月号のBook in Book『免疫力アップの裏技』から、免疫力アップに効果的な食材選びや食べ方をご紹介。今日から早速取り入れて、ウイルスに負けない体を作って。

毎日の食事で抵抗力アップ! 免疫力を高める食べ物&食べ方は?_1

夏疲れにもストレスにもウイルスにも負けない
肌·体·心 免疫力アップの裏技

毎日の食事で抵抗力を高める
免疫力アップの食べ物&食べ方

教えてくれたのは…
前田あきこさん

管理栄養士

前田あきこさん

女性ライフクリニック銀座・新宿のダイエット外来にて、栄養や運動、睡眠などの生活習慣改善について指導。

01
おすすめ食材は
肉・魚・きのこ・海藻

免疫細胞の元となるたんぱく質が豊富な肉類や魚類をはじめ、水溶性と不溶性の食物繊維がバランス良く含まれているきのこ類や、フコイダンを含んでいる海藻類は免疫力アップの強い味方。


 


02
肉や魚、卵など
たんぱく質は2種類摂ろう
たんぱく質をきちんと体に同化させ、細胞として働かせるためには、1回の食事で2種類のたんぱく質を摂りましょう。肉+卵、魚+納豆など、違う種類を組み合わせるよう意識して。ビタミンB群も一緒に摂るとさらに○。


 


03
トッピング食材
たんぱく質量を底上げ
不足しがちなたんぱく質は、サラダやごはんなどにしらすや桜海老、かつお節などをトッピングしてコツコツ底上げを。特に小魚類は鉄分やカルシウムも摂れるので、積極的に取り入れましょう。

トッピング食材で たんぱく質量を底上げ

04
発酵食品は、たんぱく質
そのものが発酵しているものが◎

腸内環境を整える発酵食品は、納豆やチーズ、ヨーグルトなどを選ぶとたんぱく質も摂れて一石二鳥。味噌やしょう油などの調味料もたんぱく質ベースなのでおすすめです。


 


05
ヨーグルトは2〜4週間
でローテーションを

ヨーグルトは同じ種類のものばかり食べるのではなく、2〜4週間でローテーションを。そうすることで腸内細菌の多様性が保たれ、免疫力強化だけでなく整腸作用や美肌効果にも期待大。

ヨーグルトは2〜4週間 でローテーションを

A 6000種以上から選び抜かれた1073R-1乳酸菌配合。明治プロビオヨーグルトR-1 112g ¥132/明治 B 長時間発酵によりプラズマ乳酸菌の力をパワーアップ。小岩井 iMUSE(イミューズ) 生乳(なまにゅう)ヨーグルト 100g ¥120/小岩井乳業 C 10億個以上入った、生きて腸内に到達する「乳酸菌 シロタ株」の力で腸内環境を整える。低脂肪でダイエットにも嬉しい。ソフール LT 100ml ¥100/ヤクルト


 


06
低温調理法
消化・吸収力アップ
高温調理されたものはたんぱく質が急激に固まるために消化に時間がかかり、体に負担をかけることに。弱火でじっくり火を通す低温調理のほうが、体に負担をかけずに効率よく栄養素を吸収できます。


MAQUIA 9月号
撮影/Kevin Chan 構成・文/小田ユイコ 柏谷麻夕子 関本陽子 企画/髙橋美智子(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

MAQUIA書影

MAQUIA2020年11月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。1月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share